国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

第10回適塾講座「近世・近代の大阪と女性」

2017年9月27日 (水) から 2017年11月29日 (水)

大阪では、女性が様々な分野で活躍し、光彩を放ってきました。広岡浅子がモデルのNHK「連続テレビ小説」の記憶も新しいと思います。今回の適塾講座は、緒方洪庵夫人の八重の書簡が発見されたことにちなみ、活力にあふれた大阪の女性たちをテーマにとりあげます。大阪らしい女性であった八重の実像に触れるほか、吉井勇が「女絵師女うたびとなど多く浪華は春も早く来るらし」と詠んだ大阪の女性画家や、映画やドラマ化もされた『夫婦善哉』など、織田作之助の小説に描かれた女性像などを通じて、現代では忘れられた、庶民的でありながらも都会的で高度に洗練され、格調高い大阪文化の深淵へと誘います。

【プログラム】

第1講座

    9月27日(水)18:30~20:00 中之島センター3階講義室301

    緒方洪庵夫人・八重の実像―新出の自筆書状から―

    松永 和浩(大阪大学適塾記念センター准教授)


    第2講座

      10月25日(水)18:30~20:00 中之島センター3階講義室301

      跡見花蹊~女性教育に尽力した大阪ゆかりの女性画家

        小川 知子(大阪新美術館建設準備室研究副主幹)


        第3講座

        11月29日(水)18:30~20:00 中之島センター3階講義室301

        織田作之助文学に描かれた女性-初期作品を中心に-

        増田 周子(関西大学文学部教授)


        コーディネーター:橋爪 節也(大阪大学総合学術博物館教授)


        【受講料】

        一般:4,500円(3回分) ※1回1,500円

        適塾記念会会員:3,000円(3回分)※1回1,000円


        【修了証書】

        全3回受講された方には、修了証書を交付いたします。

         

        【申し込み方法】

        「第10回適塾講座チラシ」をご参照の上、お申込みください。(ただし、定員に達した時点で締め切らせていただきます。)

         

         

        日時: 2017年9月27日 (水) から 2017年11月29日 (水)

        このページのトップへ