国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

Foresight School :行動観察によるイノベーション創出、その方法論と実践

2016年11月10日 (木) から 2017年1月12日 (木)

Foresight School
行動観察によるイノベーション創出、その方法論と実践

講師 松波晴人(大阪ガス行動観察研究所 所長)

開講日時:
第1回:11月10日(木):18時~19時30分
第2回:11月17日(木):18時~21時
第3回:11月24日(木):18時~21時
第4回:12月1日(木):18時~21時
第5回:12月8日(木):18時~21時
第6回:12月15日(木):18時~21時
第7回:12月22日(木):18時~21時
第8回:1月12日(木):18時~21時

場所: 
大阪大学豊中キャンパス 
全学教育総合棟I2階セミナー室A

対象: 
大阪大学学生(定員20名) 
ただし、初回(11月10日)は一般公開

受講料: 
無料

目的と概要:
・「モノ、サービス、社会」において、新しい価値を創造するための「スキル/知識/マインドセット」を学ぶ
・新価値創造のためのプロセスは、下記の行動観察の方法論に基づく
①finding(気づきを得る)→②insight(洞察を得る)→③foresight(展望を生む)→④action(実行する)
・受講者はコース全体をとおして「組織における新価値創造の担当者」としての役割を担い、「実践(まずは行動)→学習(行動の結果と理論から学ぶ)→実践(学びを得た上で行動する)」のプロセスを通じて、ビジネスにおいて実際に成果を生む能力を身につける

・イノベーション創出のために、以下の内容を身につける
1)スキル: 気づき力、洞察力、創造力、実行力
2)知識: 人間・世の中の動向についての深い理解(心理学など)
3)マインドセット: 自己効力感、チャレンジ精神、他己実現

予定:
第1回:イントロダクション
課題認識の共有: 新価値創造・イノベーションについての背景・実態
行動観察の方法論の概要: どうすれば新価値を生めるのか、fact→insight→foresight→actionの流れとワーク

第2回:気づき①+洞察①(方法論を学ぶ)
・気づきの実践と理解: 気づきとは何か? 気づきを妨げる人間の4つの認知的バイアスとは
・観察と共感に基づく気づきの実践: インターフェース操作、共感ワークによる、アブダクションの理解
・リフレームの解説、実践
・発想法としてのKJ法の実践: KJ法による気づきの統合
→2週と3週の間に、各自でフィールド観察

第3回:気づき②+洞察②(方法論の実践)
・実プロジェクト(1)における気づきの実践と共有
・クライアントへのインタビュー
・各自フィールドを観察した結果、得られた気づきをまとめる
・気づきの統合、ソリューション案の検討、レポートのまとめ

第4回:気づき③+洞察③(実行)
・行動観察の結果をクライアントに報告
・「fact→insight→foresight」の形式で
・実行案の意思決定
・人間行動の統合的解釈: アブダクションの理解と実践
・実プロジェクト(2)の趣旨説明、実行計画立案
→第4回と第5回の間に、各自でフィールド観察

第5回:洞察④(方法論の実践)
・実プロジェクトにおける洞察の導出と共有
・クライアントへのインタビュー
・気づきの統合、リフレームされた洞察の導出、まとめ

第6回:展望①(方法論を学ぶ)
・ニーズ対応型ソリューションの導出: 業界常識と新たな洞察の統合 (ライン拡張編)
・ありたい未来の姿型ソリューションの導出: 新たな洞察と世の中の動向の統合 (カテゴリ拡張編)

第7回:展望②(方法論の実践)
・実プロジェクトにおける洞察の導出と共有
・気づきの統合、リフレームされた洞察の導出、展望の創造、レポートのまとめ

第8回:展望③(実行)
・行動観察の結果をクライアントに報告
・実行案の意思決定
・新価値創造における組織の課題とあり方
・受講者が人生を通じて貢献したい「世の中の未来のあり姿」の検討と発表

特記事項:
・講義に加えて、フィールドワークやディスカッションなどを実施します
・コース全体を通して、具体的なアウトプットを出すプロジェクトを1つ以上実施します。また、各授業においても様々なワークを用いて実践を行います。

教科書・教材
・「行動観察」の基本(松波晴人著、ダイヤモンド社)
・あなたの人生の科学(上)(下)(デイヴィッド・ブルックス著、ハヤカワ文庫NF)
(単行本版で同内容の「人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める(早川書房)」も可)

参考文献
・「常識を乗り越え、みずから変化を生み出す法 行動観察をイノベーションへつなげる5つのステップ (松波晴人)」 ハーバード・ビジネス・レビュー論文

講師からのメッセージ
行動観察の方法論(fact→insight→foresight→action)は、そのまま「学びのプロセス」でもあります。コンピュータやロボットが人間の仕事を奪う中、それぞれのステップで必要な「気づき力」「洞察力」「創造力」「リーダーシップ」は人間にしかできない能力で、今後重要性が増すものと考えられます。本講義が目指す方向性について共感される方はぜひ受講ください。

コーディネーター 松行輝昌(大阪大学准教授)

【お申し込み】氏名、所属、メールアドレスを明記の上、件名を「フォーサイトスクール」とし、edge@celas.osaka-u.ac.jp 宛てにメールをお送りください。

【お問い合わせ】メールにて edge@celas.osaka-u.ac.jp までご連絡下さい。

主催 大阪大学EDGEプログラム  後援 大阪大学全学教育推進機構

日時: 2016年11月10日 (木) から 2017年1月12日 (木)
主催: 大阪大学EDGEプログラム
後援: 大阪大学全学教育推進機構
場所: 全学教育総合棟Ⅰ2階セミナー室A
参加登録: 必要(メール)
連絡先: 大阪大学EDGEプログラム
edge@celas.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ