国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

教育・学校 
セミナー/シンポジウム情報

公開討論:阪大理工系4研究科による国際交流の未来について

2015年3月10日 (火) 13:00 から 16:00

理系5研究科(工学研究科、理学研究科、基礎工学研究科、情報科学研究科、生命機能研究科)で組織しておりますアジア人材育成研究教育プログラム(CAREN)およびこれらの研究科の共催で国際交流促進のための講演会および公開討論会を開催します。参加希望者は、事前申し込みは不要ですので、直接会場へお越しください。

阪大理工系4研究科による国際交流の未来について

【日時】2015年3月10日(火) 13:00~16:00

【会場】豊中キャンパス 理学研究科 D501

【プログラム】
はじめに 阪大理系の目指すべき国際交流の未来
 大阪大学理事・副学長 東島 清

1.各研究科での取り組みの現状と未来について 13:10~14:35

(1)理学研究科の国際交流の将来に向けて
  理学研究科 研究科長・教授 篠原 厚
(2)理学研究科の国際交流の現状について
  国際交流委員会 教授 舩橋 靖博
(3)留学生と物性物理学
  理学研究科物理専攻 教授 野末 泰夫
(4)生物工学とアジアからの留学生(伝統と現状)
  工学研究科(生物工学)教授 福崎 英一郎
(5)大学院教育の英語化
  工学研究科(船舶工学)教授 長谷川 和彦
(6)基礎工学研究科の国際交流の現状
  基礎工学研究科 教授 田中 正夫

2.4研究科合同のアジア人材育成教育研究拠点(CAREN)プログラム 14:45~15:35

(1)CARENプログラムが目指す阪大のグローバル大学への基盤
  CARENプログラム代表 工学研究科副研究科長 教授 田中 敏宏
(2)CARENの支援によるインドネシアの大学とのDDPの締結
  工学研究科 特任助教 Sastia Putri
(3)アジアからの留学生としての日本での経験
  工学研究科 特任助教 Susan Meñez Aspera

3.総合討論 15:35~16:00
阪大の国際交流の発展には何がこれから必要なのか?
司会 理学研究科 特任教授 金澤 浩
    理学研究科 特任准教授 Luca Baiotti

日時: 2015年3月10日 (火) 13:00 から 16:00
主催: アジア人材育成研究教育プログラム(CAREN)
場所: 理学研究科 D 501
参加登録: 不要
URL: http://caren.eng.osaka-u.ac.jp/caren-seminars-symposiums-and-events/
連絡先: アジア人材育成研究教育プログラム(CAREN)事務局
contact@fsao.eng.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ