国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術  [国際会議]
セミナー/シンポジウム情報

大規模工業地帯への自然災害の影響に関する国際シンポジウム

2015年3月11日 (水) から 2015年3月12日 (木)

2011年3月11日の東日本大震災では、大規模な津波によって工業地帯の油貯蔵施設から大量の油が流出し、気仙沼市街地は全焼しました。今後、東海・東南海・南海連動型地震とそれに伴う津波の発生が予測され、東京湾、伊勢湾、大阪湾では大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出が懸念されています。このような大規模な地震・津波ばかりでなくハリケーンまたは台風による大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出のリスク評価を行い、その減災対策を取ることは緊急の課題となっています。このシンポジウムは、これらに関係する多方面の研究者、行政、企業を横断的に結び付け、世界の沿岸地域の安全を前進させることを目標としています。

国際シンポジウム「大規模工業地帯への自然災害の影響」

(http://www.naoe.eng.osaka-u.ac.jp/~kato/isub3.htm)

開催日時: 2015年3月11日(水)-12日(木)

開催場所: 大阪大学中之島センター( http://www.onc.osaka-u.ac.jp/index.php)

支援:国立大学法人 大阪大学大学院工学研究科

独立行政法人 港湾空港技術研究所

国立大学法人 京都大学防災研究所

懇親会: 同センター9階の交流サロンにて,3月11日18:00より開きます. 会費(2千円,ただし,招待講演者および学生除く)

目的:

2011年3月11日の東日本大震災では,大規模な津波によって工業地帯の油貯蔵施設から大量の油が流出し,気仙沼市街地は全焼した.今後,東海・東南海・南海連動型地震とそれに伴う津波の発生が予測され,東京湾,三河湾,大阪湾では大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出が懸念されている. このような大規模な地震・津波ばかりでなくハリケーンまたは台風による大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出のリスク評価を行い,その減災対策を取ることは緊急の課題となっている.このシンポジウムは,これらに関係する多方面の研究者,行政,企業を横断的に結び付け,世界の海の安全,ひいては人々の安全を前進させることを目標としている.

話題:

²  世界で起きた大規模な地震・津波ばかりでなくハリケーンまたは台風による大規模工業地帯の被害とその影響の事例報告

²  大規模自然災害に伴う大規模工業地帯の被害とそれに伴う有害物質の流出のリスク評価

²  技術,設計,情報,制度の観点からの減災対策

²  その他

組織委員会

委員長

加藤 直三

大阪大学大学院工学研究科

委員

青木 伸一

大阪大学大学院工学研究科

委員

Ana Maria Cruz

京都大学防災研究所

委員

藤田 勇

(独)港湾空港技術研究所

委員

小濱  英司

(独)港湾空港技術研究所

委員

城田 英之

(独)海上技術安全研究所

招待講演者(予定)

1. Dr. CJ Beegle-Krause, Senior Researcher, SINTEF Materials and Chemistry / Environmental Modeling, Norway

"Historical spills from North American and Europe: Perspectives for Future Planning"

2. Prof. Masanori Tsugane, former professor at Tokai University, Japan

“Countermeasures of Ships against Earthquake and Tsunami in Large Industrial Parks”

3. Mr. Shane Wright, Executive Director of Asian Disaster Preparedness Center

"Damage & Loss from Natech and Possible Interventions in Asia"

4. Mr. Takahiro Hagihara, Director, Marine Disaster Prevention Center, Japan

“Response to Petrochemical Complex Disaster”

5. Dr. Roland Fendler , Senior officer, German Environment Agency, Germany

6. Prof. Ernesto Salzano, National Research Council, Institute for Research on Combustion, Italy

"Changing perspective: new limit states for of oil and gas installation and pipeline to earthquake and tsunami”

7. Prof. Valerio Cozzani, University of Bologna, Italy

8. Dr. Syamsidik, Tsunami and Disaster Mitigation Research Center, Syiah Kuala University, Indonesia

“Tsunami Recovery Process in Aceh after 10 year of the Indian Ocean Tsunami, from the perspectives of Landuse and Housing”

9. Person from U.S. Geological Survey, USA

10. Dr. Elisabeth Krausmann, European Commission, Joint Research Centre, Ispra, Italy

“Assessing the Natech risk due to earthquake impact at hazardous installations using the RAPID-N framework”

 

参加お申込み方法

国際シンポジウムへの参加のお申し込みは、<2月27日(金)>までに,下記の内容を大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻加藤研究室(E-mail: secre07@naoe.eng.osaka-u.ac.jp)宛てメールでご連絡ください.

---------------------------------------------------------

氏名:

所属:

メールアドレス:

懇親会の出席:する しない (どちらかをお選びください)

-----------------------------------------------------

日時: 2015年3月11日 (水) から 2015年3月12日 (木)
主催: 大阪大学大学院工学研究科,港湾空港技術研究所,京都大学防災研究所
場所: 703 教室
参加登録: 必要(メール)
URL: http://www.naoe.eng.osaka-u.ac.jp/~kato/isub3.htm
連絡先: 大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻加藤研究室
secre07@naoe.eng.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ