国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

クリエイティブ・ワークショップ「最強のリベラルアーツとしての短歌」(学際融合教育Fusion!!!!!!シリーズ)

2014年12月5日 (金) から 2014年12月12日 (金)

大阪大学全学教育推進機構大学院横断教育部門と産学連携本部e-squareはクリエイティビティ(創造性)を伸ばすためのワークショップを開催します。
初回は歌人の中島裕介さんをお招きし、短歌の面白さや魅力を味わいながら自分自身の短歌をつくっていきます。普段生活している世界の中に潜む面白いものやささやかなものへの気付きを促し、自分の見えた風景の面白さを、ことばで他人に伝えられるようになることが目的です。
あなたも歌人中島さんの指導を受けながら短歌を詠んでクリエイティブになってみませんか?
予備知識は必要ありません。皆さんの参加をお待ちしています。

<ゲスト>
中島裕介
歌人。1978年兵庫県小野市生。2004年京都大学人間・環境学研究科修士課程修了。
未来短歌会所属。著書に『oval/untitleds』『もしニーチェが短歌を詠んだら』(共に角川学芸 出版)『Starving Stargazer』(ながらみ書房)。
普段は団体職員として働く傍ら、短歌の作品や評論のほか、舞台芸術、マンガ、アニメに関するエッセイ等を雑誌等に寄稿している。

<ワークショップ内容>
12月5日(金)
1.ことばの面白さ、他の詩歌との違い、優れた短歌の紹介
2.好きな文章を短歌にしてみよう(解説、実作)
3.好きな広告のフレーズを短歌にしてみよう(実作、解説)

12月12日(金)
1.優れた短歌の紹介
2.自分に見えた映像を短歌にしてみよう(実作、解説)
3.事前課題1~3を通じて作られた歌のうち、優れた作品の公表

*参加者には事前課題があります。

【1回目のワークショップ(12月5日)前】
1.小説、映画、演劇、ドラマ、マンガなどなんでも良いので、あなたの好きな文章やセリフを50字以上(400字以内)で引用してください。
2.CMのセリフやコピー、商品名など、あなたが気になる広告で使われている言葉を50字以内で引用して下さい。

【2回目のワークショップ(12月12日)前】
3.1週間の生活の中で気になった風景を、携帯電話のカメラで1枚撮ってきてください。

<詳細>
定員:30名(事前申込で、両日参加できる方を優先します)
費用:無料
対象:一般公開

<コーディネーター>
松行輝昌、山内保典(大阪大学全学教育推進機構大学院横断教育部門)

PDFはこちら → http://www.celas.osaka-u.ac.jp/organization2/xk7zc1-1/daigakuin/data/flyer141205

日時: 2014年12月5日 (金) から 2014年12月12日 (金)
主催: 全学教育推進機構大学院横断教育部門、産学連携本部e-square
後援: 21世紀懐徳堂
場所: 豊中キャンパス 全学教育推進機構ステューデントコモンズ開放型セミナー室
参加登録: 必要(メール)
URL: http://www.celas.osaka-u.ac.jp/organization2/xk7zc1-1/daigakuin/events/fusion141205
連絡先: 全学教育推進機構大学院横断教育部門
zenkyo-daigakuin[at]office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ