国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

平成25年度大阪大学職員研修 「学術論文の研究評価指標に関する最近の動向」

2014年1月22日 (水) 13:30 から 17:00

近年、国立大学では特に研究成果の定量的評価として、客観的な評価指標への関心が高まっています。
大阪大学では、大規模引用文献データベースであるWeb of Science に加えてEssential Science Indicators(ESI)(Web of Scienceから得られる学術論文の出版数と被引用数のデータに基づき、研究業績に関する統計情報と動向データを提供するデータベース)が全学的に利用できる環境にあります。
これらは主として被引用数により学術論文の影響度を測定する手法の一つとして用いられており、導入している大学・研究機関は多く、そのデータは政府の調査等にも利用されています。また、その手法とは別に、学術論文公開後にtwitterなどのソーシャルメディアでの反応を測定し、影響度を指標化する新しい手法「Altmetrics」が最近注目を集めてきています。「Altmetrics」がこれからどのように発展していき、従来の評価指標とどのような関係となっていくのかは、図書館職員としても注視していきたいところです。
今回の研修は、研究評価指標に関する最新の動向について講義を通じて学び、これから図書館職員として何ができるのかを考える機会を提供することを目的とします。

主催

大阪大学附属図書館

日時

平成26年1月22日(水)13時30分~17時00分 (13時開場)

会場

大阪大学附属図書館生命科学図書館 4階 AVホール
※アクセス http://www.library.osaka-u.ac.jp/seimei/access.php

参加資格及び定員

大阪大学職員、 その他図書館関係者 50名(先着順)

参加申込

参加希望者は、下記Webサイトよりご登録ください。参加費は無料です。
http://www.library.osaka-u.ac.jp/kensyu.php
申込期限  平成26年1月15日(水)
※参加者多数の場合、募集を早期に終了することがあります。

プログラム

13:00~13:30 受付
13:30~13:40 開会
13:40~14:40 講演
 「Web of Scienceをベースとした研究評価データの最近の傾向」甲斐真佐美 氏(トムソン・ロイター)
14:40~14:50 (休憩)
14:50~15:50 講演
 「ウェブ時代の新たな研究評価指標 altmetrics の概要と事例報告」坂東 慶太 氏(MyOpenArchive)
15:50~16:10 (休憩)
16:10~16:50 質疑応答
16:50~17:00 閉会

 

 

日時: 2014年1月22日 (水) 13:30 から 17:00
主催: 大阪大学附属図書館
場所: 大阪大学吹田キャンパス 生命科学図書館 4階 AVホール
参加登録: 必要(Web)
URL: http://www.library.osaka-u.ac.jp/kensyu.php
連絡先: 大阪大学附属図書館 図書館企画課企画係
kikaku01@library.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ