国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

多移民国家における国民意識の解明 中東・カタルの事例から

2012年12月23日 (日) 13:00 から 17:00

人口に占める自国民の割合が12パーセント程度であるカタルは、湾岸諸国でも外国人の割合がもっとも多く、東南・南アジア、非産油アラブ諸国出身の外国人が多く労働している。外国人労働者の移動・移入問題は、急速な経済発展をとげている中東湾岸地域において、人口のうえでマイノリティとなった自国民が、いかにして民族や国民意識を身につけ、またマジョリティである外国人に対してどのような意識を有していくのかを解明する。

日時: 2012年12月23日 (日) 13:00 から 17:00
主催: 大阪大学グローバルコラボレーションセンター
場所: 大阪大学コンベンションセンター 1F研修室
参加登録: 必要(メール)
URL: http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/121223.html
連絡先: 大阪大学グローバルコラボレーションセンター
info@glocol.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ