国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

社会・政治・経済・法律 
セミナー/シンポジウム情報

GLOCOLセミナー「防災・災害復興と国際協力」

2012年12月14日 (金) 18:00 から 21:10

本セミナーでは、災害リスク軽減に向けた防災対策と地域間協力・国際協力のあり方について、この分野の専門家の参加を得て議論することを目的とし、特に、東日本大震災に代表される大規模広域災害等における、被災地支援・受援のあり方などについて、参加者とともに議論を深め、今後の国際防災協力に求められる方向性を見出したいと思います。

日時:2012年12月14日(金)18:00~21:10

場所:大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)棟6階会議室
 http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/img/map_osipp.jpg

参加:無料、要事前申し込み
 件名を「12/14セミナー参加」として、(1)名前(2)所属(3)メールアドレス(4)電話番号を記載のうえ12月12日(水)までに、nporesearch@ml.osipp.osaka-u.ac.jp へお申し込みください。

主催:大阪大学グローバルコラボレーションセンター

共催:大阪大学国際公共政策研究科NPO研究情報センター

 

プログラム

18:00-18:10 開会
 山内直人(大阪大学大学院国際公共政策研究科教授)

18:10-18:40 基調報告1:「世界各地の災害対策と国際協力」
 報告者:石渡幹夫氏(世界銀行上席防災管理官)

18:40-19:10 基調報告2:「国際人道システムと国連の役割」
 報告者:渡部正樹氏(国連人道問題調整事務所神戸事務所長

19:10-19:40 基調報告3:「東日本大震災の教訓を踏まえた今後の防災対策と地域間協力」
 報告者:杉本明文氏(兵庫県防災監)

19:40-19:50 休憩

19:50-20:50 質疑とパネル討論
 石渡幹夫氏(世界銀行上席防災管理官)
 渡部正樹氏(国連人道問題調整事務所神戸事務所長)
 杉本明文氏(兵庫県防災監)
 川脇康生氏(国際復興支援プラットフォーム上席復興専門官)(モデレータ)

20:50-21:10 まとめ・閉会

 

パネリスト・モデレーター

石渡幹夫(いしわたりみきお)(世界銀行上席防災管理官)
 東京都出身。東京大学大学院工学系研究科都市工学(修士)修了。1988年建設省(現国土交通省)入省、在ネパール日本大使館、英国クランフィールド大学防災研究所研究員、アジア開発銀行都市開発専門官、国土交通省河川計画課企画専門官、浜田河川国道事務所長などを歴任。2005年より国際協力機構国際協力専門員として、インド洋大津波復興支援、アジア、アフリカにて気候変動適応、防災、平和構築を担当。2011年10月より現職で東日本大震災の教訓プロジェクトを担当。国際協力学博士。

渡部正樹(わたべまさき)(国連人道問題調整事務所神戸事務所長)
 大阪府出身。早稲田大学政治経済学部卒業。英国ロンドンスクールオブエコノミクス修士課程修了。1997年海外経済協力基金に入行。国連難民高等弁務官事務所ザンビア・ルサカ地域事務所、同ジュネーブ本部、国連人権高等弁務官事務所ジュネーブ本部を経て、国連人道問題調整事務所・調整対応部・アジア太平洋課人道問題担当官(スリランカ・東日本大震災担当)。2012年1月より現職。

杉本明文(すぎもとあきのり)(兵庫県防災監)
 兵庫県出身。京都大学法学部卒業。兵庫県入庁後、長期ビジョン部夢ビジョン課長、県民政策部政策室課長、西播磨県民局副局長兼企画調整部長、農政環境部農政企画局長、北播磨県民局長を歴任。2011年4月より兵庫県副防災監。2012年4月より現職。

川脇康生(かわわきやすお)(国際復興支援プラットフォーム上席復興専門官)
 兵庫県出身。1984年兵庫県庁入庁。都市住宅部政策課、土地政策局企画室、兵庫県立大学事務局等を経て、2010年よりアジア防災センター研究部参事、国際復興支援プラットフォーム事務局上席復興専門官。2011年度より大阪大学大学院国際公共政策研究科客員教授。

 

申し込み・お問い合わせ

大阪大学OSIPP NPO研究情報センター:nporesearch@ml.osipp.osaka-u.ac.jp

日時: 2012年12月14日 (金) 18:00 から 21:10
参加登録: 必要(メール)
URL: http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/121214.html
連絡先: 大阪大学グローバルコラボレーションセンター
nporesearch@ml.osipp.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ