国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術  [国際会議]
セミナー/シンポジウム情報

大阪大学CEIDS国際ワークショップ:Product Service System for Environmental Innovation (環境イノベーションへ向けた『製品サービスシステム』)

2012年11月10日 (土) 13:00 から 16:30

製品サービスシステム(Product Service System: PSS)は、市場取引される製品・サービスの供給を通じた付加価値を消費者に提供することによって、製造業におけるビジネスの可能性を大きく広げる概念として注目を集めています。本国際ワークショップでは「環境イノベーションへ向けた製品サービスシステム」と題して、デンマークおよびドイツで研究をされているこの分野の第一人者にお越しいただき、PSSの概念と、具体的な事例や実践、そして持続可能社会を構築する上で、PSSの果たす役割や意義についてお話をしていただきます。

【概要】

製品サービスシステム(Product Service System: PSS)は、市場取引される製品・サービスの供給を通じた付加価値を消費者に提供することによって、製造業におけるビジネスの可能性を大きく広げる概念として注目を集めています。本国際ワークショップでは「環境イノベーションへ向けた製品サービスシステム」と題して、デンマークおよびドイツで研究をされているこの分野の第一人者にお越しいただき、PSSの概念と、具体的な事例や実践、そして持続可能社会を構築する上で、PSSの果たす役割や意義についてお話をしていただきます。ぜひご参加ください。

日時:2012年11月10日(土): 13:00-16:30
場所:大阪大学 吹田キャンパス 産学連携本部D棟 2F会議室 (地図を参照ください)
主催:大阪大学環境イノベーションデザインセンター
* 参加費無料です。発表等の使用言語は英語となります。


【プログラム】
・開会挨拶(13:00 - 13:10): 梅田 靖 大阪大学工学研究科 教授

・CEIDSの研究活動紹介(13:00-13:30): 原 圭史郎 大阪大学環境イノベーションデザ
インセンター 特任准教授


・ 《講演》
講演Ⅰ(13:30-14:50):
Dr. Tim McAloone, Associate Professor, Department of Mechanical Engineering, Technical University of Denmark (DTU)

タイトル:『Meeting the challenges and opportunities of sustainability through Product/Service-System Design』

(要旨)

In this lecture Tim McAloone will review the efforts towards ecodesign that have been made over the past two decades, and propose that new modes of design, delivery and consumption of products, services and integrated systems are required, if we are to reach sustainability. Tim will present the industrial phenomenon and the connected academic research field of Product/Service-System (PSS) design and development, through a series of cases, which will illustrate a systematic approach to sustainable stewardship.




講演Ⅱ(15:00-16:20):
Dr. Christoph Herrmann, Associate Professor, Technische Universität Braunschweig, Germany

タイトル:『Meeting the challenges and opportunities of sustainability through Product/Service-System Design』

(発表要旨)
Understanding PSS is crucial for improvement and optimization. Broadening one’s view by exploring non-related disciplines can help understanding one’s own systems better. In this case, ecotones are used to explain and comprehend PSS in depth. An ecotone is the transition area between two ecosystems. Likewise a PSS is the blending of a product and a service. Lining out similarities can help to derive analogies and comprehend why a PSS is more than a sum of product and service but proposes an own system by itself. With the diverse influences on PSS, like changing customer requirements to higher importance of sustainability, the technology push or the handling of the immaterial service parts, the exposure and the management of sustainable PSS across all life cycle phases becomes a serious challenge. To handle this complexity, a holistic approach for PSS is needed. In this lecture a framework will be presented and discussed and applied to the case of PSS for mobility concepts.


・閉会挨拶:山中 伸介 大阪大学環境イノベーションデザインセンター 副センター長/工学研究科教授



司会進行: 木下 裕介 大阪大学環境イノベーションデザインセンター 特任助教



【参加登録方法】
下記アドレス、ご所属・お名前をご記入の上メールにてお申込みください。
大阪大学環境イノベーションデザインセンター事務局
Email: event_register@ceids.osaka-u.ac.jp

日時: 2012年11月10日 (土) 13:00 から 16:30
主催: 大阪大学環境イノベーションデザインセンター(CEIDS)
場所: 大阪大学 吹田キャンパス 産学連携本部D棟 2F会議室
参加登録: 必要(メール)
URL: http://www.ceids.osaka-u.ac.jp/img/CEIDS_%20workshop.pdf
連絡先: 大阪大学環境イノベーションデザインセンター(CEIDS) 事務局
event_register@ceids.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ