国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

【受付終了】大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座(2011年度後期/「いろんなものさし」「研究者と歩くまち」)

2011年11月25日 (金) から 2012年3月8日 (木)

申込受付を終了ました。多数のお申込みありがとうございました。

大阪大学21世紀懐徳堂が大阪市計画調整局と協同で開講している公開講座です。ともに「学び合う」を意識したテーマ設定と講座スタイルが特徴で、講師は本学の若手教員を中心に構成されています。

今期は、阪大の若手ホープ研究者4人が登場する「いろんなものさし」と、ミニ講義とまちあるきが楽しめる「研究者と歩くまち」の2シリーズ。参加無料ですので、お気軽にご参加ください!

 

■開講予定
-----------------------------------------
【いろんなものさし】シリーズ
全4講座 11/25(金)、12/6(火)、1/27(金)、2/29(水)
-----------------------------------------

○未来社会のヒントをくれる“生態系サービス”
 ―バイオマスエネルギーとその持続可能性を中心に―
・講師:松井 孝典(大阪大学大学院工学研究科・助教)
・実施日:11/25(金)18:30-20:00
・定員・30名
「生物多様性」とは、様々な生き物がつながって生きていること。そこから紡ぎ出される自然の恵みを「生態系サービス」ととらえながら、自然に埋め込まれた“未来の社会の姿”を想像してみましょう。生態系サービスの一つであるバイオマスエネルギーを中心に、私たちが未来を選ぶものさしについても議論したいと思います。


○ナイチンゲールの「ものさし」―病と健康についての思想―
・講師:大北 全俊(大阪大学大学院文学研究科・助教)
・実施日:12/6(火)18:30-20:00
・定員:30名
フローレンス・ナイチンゲールといえば、病に苦しむ人を「天使」のように看護し、現在の看護の基礎を築いた人物として知られています。しかし、ナイチンゲールが実際に看護に携わったのは90年という長い一生のうちほんの数年間でした。では、残りの時間、彼女は何をしていたのか?当時の大英帝国の「病」と「健康」をめぐる問題に一生をかけて取り組んだ彼女の実践とそれを支えた「ものさし=思想」についてお話しします。


○戦争にもルールがある―武力紛争の国際法―
・講師:和仁 健太郎(大阪大学大学院国際公共政策研究科・准教授)
・実施日:1/27(金)18:30-20:00
・定員:30名
「恋愛と戦争においてはすべてが許される(All is right in love and war)」という格言がありますが、この格言は少なくとも後者については正しくありません。国際法には「武力紛争法」という分野があり、戦争における国家の行動はこの法によって規律されるからです。本講義では、具体的な事例も素材にしつつ、この武力紛争法(他国間の戦争において第三国がとるべき態度を定める「中立法」を含む)についてお話します。


○私の頭の中の「時間」のものさし
・講師:田中 沙織(大阪大学社会経済研究所・特任准教授)
・実施日:2/29(水)18:30-20:00
・定員:30名
目の前のドーナツ1つと、10分後のドーナツ2つ、あなたはどちらを選びますか?経済学では、どれぐらい先まで考えるかという「時間のものさし」の長さによって、この選択結果を説明することができますが、脳科学では、この「時間のものさし」に関わる脳の仕組みを解明しようとしています。講義では、脳科学の研究を紹介しつつ、脳科学と経済学のコラボレーションの意義や可能性についてもふれてみたいと思います。


-----------------------------------------
【研究者と歩くまち】シリーズ
全2講座 3/5(月)、3/8(木)
-----------------------------------------

○ドクター石蔵の医療とくすりのよもやま話
 ―道修町界隈をめぐりながら
・講師:石蔵 文信(大阪大学大学院医学系研究科・准教授)
・実施日:3/5(月)13:00~15:00
・定員・20名
医療と薬は、業界として密接にかかわりながら発展してきました。医師は製薬会社から高額な接待を受けている、なんてイメージをお持ちかもしれませんが、それは過去の話。現在は両者のクリーンな関係が法的に定められています。薬のまちとして知られる道修町界隈をめぐりながら、医療と薬の関係の“いま・むかし”について楽しく学びましょう。


○大阪夜景巡り 船場 第2弾―大阪の街の魅力・再発見!―
・講師:加賀 有津子(大阪大学大学院工学研究科・教授)
・実施日:3/8(木)18:00-20:00
・定員・20名
大阪の中心部として昔から栄えた船場界隈には、意匠を凝らした近代建築が数多く残っており、夜にはライトアップされる建物も少なくありません。今回、夜の船場界隈の近代建物を訪ね、大阪の夜景の魅力を再発見するまちあるきの第2弾として、重厚な石作りの外観にモダンな内装の綿業会館(重要文化財)などを見学する予定です。昼間とは違った表情を醸し出すレトロな雰囲気をお楽しみください。(内容は一部変更になる可能性があります)
※綿業会館見学実費500円が必要です。


■ 受講料
無料(3/8「大阪夜景巡り 船場 第2弾―大阪の街の魅力・再発見!」は、綿業会館見学実費500円が必要)


■ お申込み・お問合わせ
窓口は、アイ・スポットです。ご注意ください!
各回実施日の1カ月前から申込受付(先着順)を開始します。
講座名/受講者ご本人のお名前/電話番号を、電話かメール、FAXでお知らせください。
定員に余裕がある場合は、直接会場にて、当日申込みをお受けします。
【アイ・スポット】tel&fax:06-4866-6803
         (電話受付は月~金11:00~21:00、土・日・祝11:00~20:00、
          12/29(木)~1/3(火)は休み)
          e-mail:i-spot[at]voice.ocn.ne.jp    [at]は @ に変えてください。

日時: 2011年11月25日 (金) から 2012年3月8日 (木)
主催: 大阪大学21世紀懐徳堂、大阪市計画調整局
場所: 大阪市まちづくり情報発信施設「アイ・スポット」 大阪市中央区今橋4-1-1
参加登録: 必要(メール)
URL: http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/azjimj-1/i-spot_201111/
連絡先: 大阪市まちづくり情報発信施設「アイ・スポット」
http://www.city.osaka.lg.jp/keikakuchosei/page/0000018184.html

このページのトップへ