国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

社会・政治・経済・法律 
セミナー/シンポジウム情報

地域研究のだまし絵 ― 「グローバル化」後に「地域」への眼差しを再考する

2011年11月4日 (金) 15:30 から 19:00

「グローバル化」という言葉は、私たちが研究対象とする「地域」が普遍的で自明な単位でないことに気づかせてくれた。しかし、それはただ「地域」を地球という次元に置き換えて「地域」への眼差しを問い直せばことたりるといった次元の問題ではもちろんない。「グローバル化」という言葉は、近代以降の学知が依拠してきた「地域」を認識する枠組みがある種のだまし絵として描かれてきたいことを明らかにしている。

本シンポジウムでは、「地域」認識の枠組みそのものを再考するうえでの有力なヒントを含む4つの研究を手がかりに、近代的な「地域」認識の枠組みを一方では現在と過去の対比から、他方では見る者と見られる者の対比から相対化し、それを取り去った後に見えてくる「地域」への眼差しのあり方(あるいはもう一つのだまし絵)について何らかの展望を得たいと考えている。

日 時:2011年11月4日(金) 15:30~19:00
場 所:大阪大学文系総合研究棟301講義室(豊中キャンパス)→アクセス
参 加:無料、事前申し込み不要
主 催:大阪大学グローバルコラボレーションセンター
大阪大学世界言語研究センター
地域研究コンソーシアム
新学術領域研究「国家の輪郭と越境」

日時: 2011年11月4日 (金) 15:30 から 19:00
主催: 大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)、大阪大学世界言語研究センター、地域研究コンソーシアム(JCAS)、新学術領域研究「国家の輪郭と越境」
場所: 大阪大学文系総合研究棟301講義室
参加登録: 不要
URL: http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/111104.html
連絡先: 大阪大学グローバルコラボレーションセンター
jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ