国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

科学・技術 
セミナー/シンポジウム情報

大阪大学総合学術博物館第14回企画展 脳の中の「わたし」と情報の中の<私> -五感を揺るがす摩訶不思議なメディア技術-

2011年10月25日 (火) から 2012年2月4日 (土)

大阪大学総合学術博物館では、本学創立80周年協賛事業として第14回企画展「脳の中の「わたし」と情報の中の<私>」を開催いたします。
本展覧会では、大阪大学医学系研究科に保存されている“知の巨人”南方熊楠(1867-1941)の脳髄標本を導入部として、本学がリードする人間科学と情報科学の融合研究をもとにした10点近い体験型作品が展示されます。
展示企画者の安藤英由樹(情報科学研究科准教授)は、日本未来館や東京都現代美術館をはじめとする国内外の著名な展覧会において、視覚や触覚に関する最先端インタフェース技術を駆使した展示を発表してきました。
脳の中の「わたし」が自分だと思っていた情報と、それがインタフェース技術によって再び提示された情報の中の<私>が、必ずしも一致しない…そんな不思議な感覚が味わえる、体験型の展覧会です。

■開催場所 大阪大学総合学術博物館(待兼山修学館)

■開催日時  2011年10月25日(火)~2012年2月4日(土)

 (日祝、12月29日(木)~1月3日(火)は休館:ただし11月3日(木・祝)、11月6日(日)は開館)

開館時間:10:30~17:00 入場無料

■企画展関連行事

●ミュージアムレクチャー  いずれも聴講自由、30分前より受付開始。定員60名。

 【第36回】11月12日(土) 13:30~15:00  宮原秀夫(情報通信研究機構理事長、元大阪大学総長)「生物に学ぶ情報学」

 【第37回】11月19日(土) 13:30~15:00  藤田一郎(大阪大学大学院生命機能研究科・教授)「脳が世界を見る~わたしが知らないうちに」

 【第38回】11月26日(土) 13:30~15:00  柳田敏雄(大阪大学大学院生命機能研究科・特任教授)「ゆらぎが脳をひらめかす」

 【第39回】2012年1月14日(土) 13:30~15:00  渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所・リサーチスペシャリスト)「「わたし」を知るためのメディア技術」

 【第40回】2012年1月21日(土) 13:30~15:00  藤木淳(国際メディア研究財団・研究員)        「(人間の法則+物理の法則)÷2」

●ワークショップ  当日先着順、整理券を配布(代理の受け取り不可)

 「心臓ピクニック」  安藤英由樹(大阪大学大学院情報科学研究科・准教授)  坂倉杏介(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所・特任講師)

  11月3日(木・祝)・4日(金)   11:00~12:00/13:30~14:30/15:30~16:30   全6回 各回定員12名 小学4年生以上対象

 自身の心臓の動き(鼓動)を簡便な装置によって外在化し、それに触れることで生命としての自己を再認識する。

 

 「文章の読み跡」  丸谷和史(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)  渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)  安藤英由樹(大阪大学大学院情報科学研究科・准教授)

  12月3日(土)   11:00~13:00/14:30~16:30   全2回 各回定員8名 小学4年生以上対象

文字の見え方を変化させることで,文章を読むときに生じる心の抑揚を体感する。
日時: 2011年10月25日 (火) から 2012年2月4日 (土)
主催: 大阪大学総合学術博物館、大阪大学大学院情報科学研究科 協賛:情報通信研究機構(NICT) 協力:大阪大学大学院医学系研究科、大阪大学21世紀懐徳堂
場所: 大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館
参加登録: 不要
URL: http://www.museum.osaka-u.ac.jp
連絡先: 大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館

このページのトップへ