最新情報

最新情報

科学・技術 
セミナー/シンポジウム情報

公開シンポジウム 『持続可能社会を導く環境イノベーションデザイン』

2011年2月9日 (水) 13:00から 17:00

低炭素社会、持続可能社会を形成していくためには、目指すべき社会ビジョンと、有望な各種研究シーズ(技術群、各種システム、制度設計など)とを効果的に連結させ、ダイナミックに社会変革を促していくための研究領域の創成が一つの鍵となります。

 2010年10月に発足した大阪大学環境イノベーションデザインセンター(CEIDS)は、社会ビジョンと各種研究シーズをつなぐことにより環境イノベーションを誘導していくための学際的研究、および、持続可能社会の形成を先導する人材育成を進めています。

 本シンポジウムでは、当センターの発足にあたり、持続可能社会や低炭素社会を具現化していくための「環境イノベーションデザイン」の意義と可能性について、学内外から多様な分野の研究者・専門家をお招きし、学際的視点から議論を行います。

 学内教職員、および学生の皆様の幅広いご参加をお待ちしております。

 


【プログラム】

13:00  開会 13:05  開会挨拶:馬場章夫 大阪大学 工学研究科長                   環境イノベーションデザインセンター長

 【基調講演】

 13:10-13:40 

 『サステイナビリティ社会の構築に向けたCEIDSへの期待』 

  豊田政男 (独)科学技術振興機構
        JSTイノベーションプラザ大阪 館長

           大阪大学 名誉教授 

13:40-14:00

 講演①『大阪大学における環境イノベーションデザイン学の狙いと展望』 

 梅田靖 大阪大学工学研究科 教授 

14:00-14:30

 講演②『持続可能社会へ向けた環境イノベーションデザイン研究・教育の可能性と意義』

 原圭史郎 大阪大学環境イノベーションデザインセンター 特任講師

 上須道徳 大阪大学環境イノベーションデザインセンター 特任助教

 

14:30-15:00

 講演③『関西電力が目指す地球環境・エネルギーイノベーション』

 泉正博 関西電力 執行役員 環境室長 

 

15:00-15:30

 講演④『環境イノベーションへ向けたシャープの取組み~低炭素社会と持続可能社会の実現を目指して~』 

 宮田宗一 シャープ株式会社 経営企画室 参与  

 

 (休憩:15:30 ~15:40)

 

 《パネル討論》
15:40-16:50 

 『大阪大学研究シーズ・社会ビジョンとの戦略的融合と、
   イノベーションへの貢献(仮)』
  パネリスト:下田吉之 大阪大学 工学研究科 教授(コーディネーター)
        伴金美  大阪大学 経済学研究科 教授
        松村道雄 大阪大学 太陽エネルギー化学研究センター 教授
        泉正博  関西電力 執行役員 環境室長
         宮田宗一 シャープ株式会社 経営企画室 参与 

16:50  閉会挨拶:山中伸介 大阪大学工学研究科 教授
         環境イノベーションデザインセンター副センター長

17:00 閉会

日時:
2011年2月9日 (水) 13:00から 17:00
主催:
大阪大学環境イノベーションデザインセンター(CEIDS)
場所:
理工学図書館ホール(図書館3F)
参加登録:
不要
URL:
http://www.sdc.osaka-u.ac.jp/index.html
連絡先:
大阪大学環境イノベーションデザインセンター(CEIDS)事務局
office@ceids.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ