国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

その他 
セミナー/シンポジウム情報

GLOCOLプレゼンコンテスト参加者募集

2010年12月16日 (木) 17:30 から 19:30

GLOCOLの高度副プログラムから共生社会に向けた提言
 
“あなたの学びを社会へ活かそう”

(1) 大阪大学から発信する
(2) 大学から地域へ
(3) 地域社会に寄り添う知をもとめて
(4) 等身大の知
(5) 地面に近い実践

大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)は、現場的な感覚と共生への意識を持ち、国際社会に貢献し得る人材を育成するため、4つの大学院高度副プログラム「グローバル共生」「人間の安全保障と開発」「司法通訳翻訳論」「現代中国研究」を全学の大学院生に向けて提供しています。今回、高度副プログラムがめざす「学びから実践へ」を実現する第1歩として、「GLOCOLプレゼンコンテスト」を開催し、大学生、大学院生の皆さんが日ごろ大学で学んでいることをもとに、社会に向けての実践を提案する場を設けたいと思います。 皆さんからの具体的で真摯な提案は、GLOCOLや大学が行う実践(支援)に反映されたり、GLOCOLが皆さんをサポートして社会に発信したりする可能性も十分にあります。また、プレゼンテーションを通して、審査員から今後の取り組みについて生産的なアドバイスを受けることもできます。ぜひ奮ってご参加ください。

【企画内容】
1. 日時:2010年12月16日(木)17:30~19:30 *開始時間を変更しました

2. 場所:大阪大学文系総合研究棟4F講義室L6(豊中キャンパス)*変更しました

3. プレゼン部門(テーマ):以下より1つ選択
 「大阪大学から発信する、様々な文化を持つ人と共に生きることの実践について」
 「大阪大学から発信する、伝え合うこと、分かり合うことの実践について」
 「大阪大学から発信する、世界の中のあなたと私の安全と安心の実践について」

4. プレゼン方法・時間
GLOCOLが提供する大学院高度副プログラムの科目等を通して、また受講後に赴いた国内外のフィールドでの経験を通して学び、考えたことについて実践していくことを発信する。
 ・時間は1人(または1グループ)につき、10分。
 ・映像、スライドショー、口頭、演劇など、プレゼン内容に最適な方法で行う。

5. 参加要件
 ・大阪大学の大学院生、学部生であること。
 ・個人でもグループでも参加可能。

6. 審査員
大阪大学、NGO、マスコミ関係者ら4名の審査員が審査。

7. 審査基準
テーマに沿っていること、提案者が中心となって実施できること、持続的運営(長期にわたるものの場合)が見込めること等を総合的に勘案して審査する。
 (1) 提言するアイデアの独創性
 (2) 実現可能性
 (3) 表現方法のユニークさ(いかにして「伝える」か。方法は自由)
 (4) 3つのテーマとの関連性
 (5) コラボレーション性(連携による社会貢献の度合い)

8. 表彰
最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞の3賞について、賞状および記念品の贈呈。

【申し込み】
申込書()に必要事項を記載し、E-mail(jimu@glocol.osaka-u.ac.jp)にて提出。なお、記載事項の内容についてはGLOCOLプレゼンコンテストに関する業務以外には使用いたしません。

申込締切日:2010年12月10日(金)23:00まで

【こんな人にオススメ】
・授業、実習先、フィールド調査などで学んだことについてアクションを起こしたいので、仲間を募りたい。
・すでに自分たちが行っている学生主体の社会活動について宣伝や参加者募集をしたい。
・上記のアイデアや活動についてGLOCOLのアドバイスや協力を得たい・・・など。

※説明会に参加できなかった方で、直接話を聞きたい場合は、担当の小峯までご連絡ください(komine@glocol.osaka-u.ac.jp)。

お問い合わせ
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
TEL:06-6879-4442 FAX:06-6879-4444 E-mail:jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

日時: 2010年12月16日 (木) 17:30 から 19:30
主催: 大阪大学グローバルコラボレーションセンター
場所: 大阪大学文系総合研究棟4F講義室L6
参加登録: 必要(メール)
URL: http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/education/101216contest.html
連絡先: 大阪大学グローバルコラボレーションセンター
jimu@glocol.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ