国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

文化・芸術 
セミナー/シンポジウム情報

「国家の輪郭と越境」『Mother Indiaへのこたえ』

2009年12月22日 (火) 15:00 から 17:00

本研究会では、「地域大国」としてのインド、中国、ロシアがこれまでいかに描かれてきたのかを、多様な資料を精読して、広く検証することを目的とする。
前回まで5回にわたって取り上げた『Mother India』は、アメリカ人ジャーナリストKatherin Mayoが英領インドを視察して執筆した書である。「インドについて書かれた最も悪名高い書のひとつ」とも評され、1927年の出版直後からインド国内外において非常に大きな論争を引き起こした。
第6回研究会では、同書の内容をふまえた議論を深めると同時に、『Mother India』をめぐる論争について考察する。賛同、批判双方の主張の特徴を確認すると同時に、特にインド人女性Chandravati Lakhanpalによる反論本『Mother India Ka Javab (Mother Indiaへのこたえ)』に注目する。各々の主張を考察することで、そこに現れるインドイメージについて検討したい。

テーマ   『Mother Indiaへのこたえ』
自由参加ですので是非ご参加ください。

日時: 2009年12月22日 (火) 15:00 から 17:00
主催: 科学研究費補助金 新学術領域研究 「国家の輪郭と越境」プロジェクト
場所: 大阪大学箕面キャンパス 総合研究棟6階「国家の輪郭と越境」プロジェクトルーム(602) http://www.osaka-u.ac.jp/jp/accessmap.html
参加登録: 不要
URL: http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/rp/group_05/index.html
連絡先: 「国家の輪郭と越境」プロジェクト事務局
dai5han@world-lang.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ