国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

被災地におけるボランティア活動参加時の手続等について

平成23年4月26日

学生の皆さんへ

 

東日本大震災復興支援対策会議

 

被災地におけるボランティア活動参加時の手続等について

 東日本大震災の発生から1ヶ月余りが経過し、被災地でのボランティア活動については、次第に受入体制が整いつつありますが、現地では依然として余震が続くなど、慎重な対応が必要な状況も見受けられます。

 本学では、被災地でのボランティア活動については自粛を求めておりましたが、今後、ボランティア活動の参加を検討する際には、事前の準備を十分に行い、計画を立て判断してください。また、事前に、必ず大学へ届け出るとともに保険に加入するなど、以下の点に注意してください。

1.大学への事前連絡等

 被災地でのボランティア活動に参加する場合は、必ず事前にボランティア活動届を提出してください。

 また、活動終了後にはボランティア活動報告書を提出してください。

届出様式:ボランティア活動届(PDF)ボランティア活動報告書(PDF)

提出先:所属学部・研究科の教務担当係

 

2.授業を欠席するときの手続き

 ボランティア活動に参加するため授業を欠席する場合は、事前に授業担当教員・指導教員へ相談等をするとともに、所属学部・研究科の教務担当係で欠席の取扱い等の修学上の配慮について確認し、必要な手続き等をしてください。
 また、全学共通教育科目を履修している学生は、あらかじめ大学教育実践センター教務係に欠席届(ボランティア活動届を添付してください)を提出してください。

 

3.ボランティア保険への加入

 被災地でのボランティア活動の参加に当たっては、必ず保険(地震・津波等の天災の場合でも適用されるもの)に加入してください。

主なボランティア保険は以下のとおりです。

○学生教育研究災害傷害保険:(財)日本国際教育支援協会

 学生の皆さんはボランティア活動届を大学へ提出することで、本学がそのボランティア活動を認めたこととなり、この保険の適用対象となりますが、第三者に対する賠償責任保険等に加入することをお勧めします。

(問合せ先:各学生センター)

○社会福祉協議会のボランティア保険:(社)全国社会福祉協議会

 社会福祉協議会に登録した個人,又は団体に所属する個人のボランティア活動での事故に対応します。本人が居住する地域で登録を済ませて下さい。

・保険期間: 1年間(毎年4月1日~翌年3月31日)

・保 険 料: 補償額に応じて,年間490円又は720円

・保 険 金: 死亡・後遺障がい…1,418万円~2,000万円

○スポーツ安全保険:(財)スポーツ安全協会
 加入手続きを行った5名以上のアマチュアの団体の構成員を補償対象とします。

・保険期間: 1年間(毎年4月1日~翌年3月31日)

・保 険 料: 年間600円

・保 険 金: 死亡…2,000万円  後遺障がい…3,000万円(最高)

 

 

4.各種の情報

 被災地では余震が続いており、地域によっては立入が制限されている場所もありますので、出発前に、現地の情報及び関西からの支援に関する情報を十分に収集するとともに、参加する場合にはボランティア活動のマナーを確認しておいてください。

○     「首相官邸」

 ・東日本対震災への対応 –首相官邸災害対策ページ-

○     「文部科学省」
 ・全国の放射線モニタリング情報
 ・子供の学び支援ポータルサイト

○     「全国社会福祉協議会」
 ・「東日本大震災」被災地支援活動
 ・被災地支援・災害ボランティア情報
 ・被災地災害ボランティアセンターの設置状況

○     「内閣府」
 ・防災とボランティア
 ・防災ボランティア活動の情報・ヒント集
 ・防災ボランティアのお作法集

○     「東日本大震災支援全国ネットワーク」

 ・東日本大震災支援全国ネットワーク

 

5.問い合わせ先

 東日本大震災復興支援対策会議

 支援チーム 学生ボランティア担当(学生部学生・キャリア支援課)

 電話番号:06-6879-7120

 mail:gakusei-sien-sa1@office.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ