国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
イベント情報

大阪大学データビリティフロンティア機構キックオフシンポジウム 「データビリティサイエンスによる未来デザイン」~共創に向けた新しい協奏のかたち~

2016年4月21日 (木) 15:00から

 そこで大阪大学では、ビッグデータの利活用促進を目指し、「データビリティフロンティア機構」を立ち上げます。本機構では、「データビリティ」、すなわち、「利用可能な超大量データを将来にわたって持続可能な形で、しかも責任をもって活用すること」による新たな科学の方法である「データ科学」を探求します。その過程において、人工知能をはじめとする高度な情報関連技術を駆使し、生命科学、医歯薬学、理工学、人文科学等の科学技術・学術の新たな地平を切り拓き、さらには社会的、公共的、経済的価値の創造を促進するための学際融合研究を推進します。そして、本機構は、データビリティの飛躍的向上に資する次世代を担う研究者や技術者を生み出す「協奏と共創の場」として、人材育成に積極的に貢献していきます。

 本シンポジウムでは、第5期科学技術基本計画における、人工知能やビッグデータを利活用した超スマート社会を俯瞰し、その実現に向けた本機構における研究教育に関するビジョンを示します。

 

日時

平成28年4月21日(木) 15:00~18:50(14:30開場)

会場

大阪大学 銀杏会館 阪急電鉄・三和銀行ホール

定員

250名(要予約・先着順)無料

申込方法

   WEBにて受付

   ※先着順・定員に達し次第締め切らせていただきます。

プログラム

15:00~16:15

開会あいさつ  大阪大学総長  西尾 章治郎

来賓あいさつ  文部科学省 官房審議官(高等教育局担当) 松尾 泰樹

招待講演「データが可能にする世界 ― Data Enabling (datable) Society ― 」

                情報・システム研究機構 国立情報学研究所 所長 喜連川 優

招待講演「我が国の科学技術イノベーション戦略 ― Society5.0実現に向けて ― 」

                   内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 議員 久間 和生

16:25~18:00

データビリティフロンティア機構概要説明

                  データビリティフロンティア機構長/理事・副学長 八木 康史

 「バイオ分野でのデータビリティの活用」              医学系研究科  教授 高島 成二

 「スマート社会とデータビリティ」                情報科学研究科 教授 東野 輝夫

 「複雑系物理とデータビリティ」                 工学研究科    教授 兒玉 了祐

 「データビリティのための数理・データ科学教育」     経済学研究科  教授 谷崎 久志

 「コンピュータビジョンとデータビリティ」            情報科学研究科 教授 松下 康之

18:10~18:50

パネルディスカッション「データビリティフロンティア機構への期待」

(久間和生 議員、喜連川 優 所長、松尾泰樹 官房審議官、総務省情報通信国際戦略局 野崎雅稔 技術政策課長、経済産業省産業技術環境局 岡田武 研究開発課長)

閉会あいさつ  大阪大学理事・副学長 吉川 秀樹

 

問い合わせ先

大阪大学 研究推進・産学連携部研究推進課データビリティフロンティア機構等事務担当

kensui-kensui-data[at]office.osaka-u.ac.jp ([at]→@に変更ください。)

データビリティ・シンポ

このページのトップへ