国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

最新情報

すべての方
イベント情報

国立公文書館所蔵資料展「国立公文書館が大阪大学にやってきた」

2013年2月22日 (金) から 2013年3月9日 (土)

概要

大阪大学総合学術博物館では、2月22日(金)から、国立公文書館所蔵資料展「国立公文書館が大阪大学にやってきた」を開催します。

今年度、国立公文書館は、昭和46年の開館以来、はじめて東京を飛び出して、大阪で所蔵資料展を開催します。大学で開催するのは、全国初の取り組みです。主催は、独立行政法人国立公文書館。大阪大学内に昨年10月に設置された大阪大学アーカイブズと大阪大学総合学術博物館との共催です。

独立行政法人国立公文書館(東京都千代田区)は、国の機関及び独立行政法人等から移管を受けた歴史資料として重要な公文書等を長く保存し、皆様にご利用いただくため、閲覧、展示、インターネットによる公開等さまざまな取り組みを行っている機関です。

本展覧会では、日本国憲法など教科書で学んだ歴史資料から、“これも公文書!?”という意外なものまで、国立公文書館が所蔵する個性豊かな公文書とともに、大阪および大阪大学関係資料をご紹介します。 

第一級の歴史資料を間近で見ることができる機会です。それとともに、公文書を保存する意義についてもご理解いただけると思います。


会期

平成25年2月22日(金)~3月9日(土)(日曜日は休館)

開館時間:10時30分~17時  入館料:無料

 

会場 

大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館(登録有形文化財)

〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-20  http://www.museum.osaka-u.ac.jp

 

主催  

主 催 独立行政法人国立公文書館

共 催 大阪大学アーカイブズ、大阪大学総合学術博物館

協 力 大阪大学21世紀懐徳堂

 

主な展示資料 

●大日本帝国憲法(レプリカ)
●日本国憲法(レプリカ)
●民撰議院設立建白書
●終戦の詔書(レプリカ)
●修善寺温泉みやげ(治安警察法関係)
●民事判決原本(大阪アルカリ事件関係)
●戦災概況図(堺市、吹田市、池田市等)
●大阪府/市の行政区分に関する資料(大都市制度調査資料等)
●大阪大学設置認可申請書
●大阪大学の公文書(大阪大学所蔵) など

展示構成

第Ⅰ部 国立公文書館ってどんなところ?

第Ⅱ部 あれも、これも公文書

第Ⅲ部 公文書にみる大阪

第Ⅳ部 大阪大学の歴史と公文書

 

問い合わせ

菅 真城(かん まさき) 
大阪大学アーカイブズ・准教授
〒562-8558 箕面市粟生間谷東8-1-1 
Tel.072-730-5113 、Fax.072-730-5114
E-mail kan@archives.osaka-u.ac.jp

 

展覧会関連イベント

ミュージアム・レクチャー

2月23日(土)「大阪大学アーカイブズご紹介」菅 真城(大阪大学アーカイブズ・准教授)
3月2日(土)「国立公文書館ご紹介」中島 康比古(国立公文書館・公文書専門官)
※いずれも14:00~15:00(受付13:30~)、3Fセミナー室、聴講自由、定員60名。 

 

ミュージアム・トーク

2月23日(土)・3月2日(土)の両日、ミュージアム・レクチャー終了後(15:00~15:30)、列品解説を行います。

 

国立公文書館所蔵資料展リーフレット

このページのトップへ