国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

JASSO支援金

概要

 「JASSO支援金」は、(独)日本学生支援機構(JASSO)が行う寄附金事業であり、自然災害等により本人が居住する住宅に半壊以上等の被害を受けたことで、学生生活の継続に支障をきたした学生が、一日も早く通常の学生生活に復帰し学業を継続するための支援をする制度です。

 ※「JASSO支援金」の概要についてはこちら(日本学生支援機構ホームページ)

下記の『対象者』に該当し、「JASSO支援金」への申請を検討されている方は、下記のとおり必要手続を行ってください。

 【注意】本手続は「申請事由(申請資格の有無)」を確認するためのものです。

支援金の「申請手続」ではありません。

 

 

対象者:以下の(1)(2)すべてを満たす学部・大学院正規生(外国人留学生含む)

(1)  自然災害等の発生(*)により、本人が居住する住宅(学生生活の本拠として日常的に使用している日本国内の住宅をいう)に、半壊以上の被害(全壊・半壊・全焼・半焼・全流出・半流出・全埋没・半埋没・床上浸水)を受けた方または自然災害等による危険な状況が発生(*)し、自治体の避難勧告等による住居への立入禁止等が1か月以上継続した方

※罹災証明書(コピー可)において上記被災状況を確認します。

発行に時間がかかる場合は、発行手続きを行った際の申請書類一式のコピー提出で可ですが、発行され次第、罹災証明書の提出が必要です。

 

(2)  学修に意欲があり、修業年限で学業を確実に修了できる見込みがある方。

※科目等履修生、研究生、聴講生等は除きます。

※成績不振により留年中(成績自体に問題ないが、学籍異動(休学・留学等)のため同一学年を引き続き再履修している人を除く。)に発生した災害は対象外。

※入学前に発生した災害は対象外。

※休学中に発生した災害は対象外。

※同一の災害につき、申請は1回とします。

※本機構の奨学金や他団体の経済的支援を受けていても申請することができます。

※推薦期限は、自然災害等発生月の翌月から起算して3か月を超えない期間内のものが対象となっています。これは大学から日本学生支援機構への推薦期限です。

◆平成30年6月18日に発生した大阪府北部の地震について申請を希望する場合は、まずは早急に以下の必要手続きをメール連絡してください。大学へのメール連絡の最終期限は平成30年9月7日(金)とします

◆平成30年7月豪雨による災害について申請を希望する場合、大学へのメール連絡の最終期限は平成30年10月9日(火)とします

※日本学生支援機構奨学金や他団体の経済的支援を受けている方も対象となります。

 

支給額: 10万円(※返還不要)

 

必要手続:以下の①~⑧の各項目をすべて記載したメールを、豊中学生センター(gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp)へ送付してください。

※件名は必ず「JASSO支援金申請事由」としてください。

①  氏名

②  学籍番号

③  学部・研究科名

④  学年

⑤  国籍(外国籍の方は「在留資格」も明記)

⑥  被災した自然災害等の種類

⑦  被災した住所

⑧  被災状況の詳細(「いつ、どこで、何が起こり、どのような被災状況か」を明記すること)

 

例:現在居住している下宿先(⑦の住所)が、平成○○年○月○日に発生した地震により半壊した。現在新たな住居を探しているが、金銭・時間面で圧迫されており、学業に支障が出ている。)

 

問い合わせ先

豊中学生センター(学生交流棟2階)電話:06-6850-5038、5039

E-mail: gakusei-sien-en2@office.osaka-u.ac.jp

※お問い合わせの前に、Q&Aもご確認ください。

このページのトップへ