国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

インターンシップ

インターンシップとは

 本学では、インターンシップを「学生が在学中に教育の一環として、企業等で一定の期間行う職業体験及びその機会を与える仕組み」と定義付けています。
 インターンシップといっても、職業体験型(実際に仕事が経験できるもの)、課題解決型(あるテーマが与えられ学生で検討し発表するもの)、説明会型(座学)と内容はさまざまですので、目的意識を明確に持って参加することが大切です。業界・企業について知りたい、「働く」ことを経験して進路を考える材料にしたいなど、自分なりの目的を持って参加するようにしてください。
 インターンシップの期間もさまざまです。期間が短い場合、「働く」ことを経験することは難しく、説明会のような内容になることも考えられます。インターンシップはあくまでも目的を達成する手段です。インターンシップへの参加ありきではなく、他の活動の方が自分の目的に近づけられる場合もありますので、広い視点で考えてください。特に、学生の本分をおろそかにして、インターンシップに参加することのないようにしてください。
 インターンシップをきっかけにして「働く」ことや自分の進路について考える学生が多いと思います。いざ自己PRやエントリーシートを書こうとして、悩む場合もあると思います。そんな時はキャンパスライフ健康支援センター 相談支援部門キャリア支援室に相談してください。自分では気づかないこともありますので、自分以外の目でエントリーシートなどを見てもらうことは、新たな発見につながるかも知れません。

(参考)知って役立つ労働法-働くときに必要な基礎知識-

 

インターンシップガイドブック

 インターンシップの情報収集、応募方法、受け入れが決まった場合の手続きや注意点等についてまとめています。

 

インターンシップ情報

 本学(学生・キャリア支援課)に届いたインターンシップ情報は、就職支援システムに掲載しています。
 大学を通して申し込むインターンシップ(主に官公庁、地方公共団体)の場合、実施団体が設定している締切よりも早く締切を設定していますので、必ず就職支援システムで確認するようにしてください。
 なお、専門教育と密着したインターンシップは各部局、JICA関西のインターンシップについてはグローバルイニシアティブ・センターがそれぞれ行っています。

 

保険の加入について 

 インターンシップ中の事故に備えて、自身が怪我をした場合の【傷害保険】と、他人やモノに損害を与えた場合の【賠償責任保険】の2種類に加入しましょう。

 保護者等がすでに加入している場合、受入先が加入している場合等がありますので、まずは加入状況について確認し、未加入の場合は、インターンシップも含めた日常生活全般が適用対象となる保険等に加入することを強くお勧めします。

 

<参考>大学生協の学生総合共済

    大学生協の学生賠償責任保険

 

 なお、大学(教員や事務部門)の指示や推薦、事務手続き(紹介のみは除く)を経て参加するインターンシップや、単位認定の対象になるもので事前に教員に報告したものについては、原則として学研災、学研賠の対象となります。対象となるかどうか不明な場合は、担当教員等に確認、もしくは、学生・キャリア支援課(豊中学生センター)(以下のアドレス)に問い合わせください。

 

   問い合わせ先:cs-stu〈at〉ml.office.osaka-u.ac.jp

         (「〈at〉」 を 「@」に変更してください。)

 

 (注)学研災・学研賠の適用対象となるインターンシップの取り扱いについては、平成29年7月12日に変更となりました。

 

 

インターンシップ体験記

過去にインターンシップに参加した学生の体験記を就職支援システムに掲載しています(学内専用)。

 

 

産学共創本部共創人材育成部門の研究インターンシップ
(大学院生およびポスドクの皆様)

 産学共創本部共創人材育成部門では、大学院生およびポスドクの皆様を対象に中長期の研究インターンシップ(通常2か月間以上)を行っています。これをきっかけとして様々な環境でイノベーション創出リーダーになっていただくことを目的としています。日頃の研究室とは違う環境で、国内国外の産業界、公共機関などでインターンシップを体験することで、広い視野を持ち、自分の力を試すよい機会です。産業界に興味がある方は勿論、アカデミアでキャリアを考えていらっしゃる方も研究に幅を持たせる良いチャンスとなります。

 産学協働イノベーション人材育成コンソーシアム(通称:C-ENGINE)http://www.c-engine.org/はその代表的な取組みです。全国の14大学と34企業がコンソーシアムを形成し、インターンシップのマッチングをオンライン/オフラインで実施しています。ご関心のある方は、https://idm.invhr.org/regist/からまずはエントリーをお願いします。

 インターンシップ以外にも産学共創による人材育成、ならびにキャリア形成のための取組みを数多く手がけています。詳しくはhttp://www.uic.osaka-u.ac.jp/をご覧下さい。また、お問合せはinfo@uic.osaka-u.ac.jpまでお願いします。

このページのトップへ