国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

言語文化研究科の教育目標および各ポリシー

言語文化研究科のウェブサイトはこちらから

 

研究科の目的

 言語及びそれを基底とする文化について理論及び実践の両面にわたる教育研究を進め、現代社会の国際化・情報化に即応した高度な言語文化リテラシーを身につけるとともに、そこで得られた知見を世界に向けて発信し得る人材を養成することを目的とする。

 

教育目標

 大阪大学の教育目標のもと、言語文化研究科は、言語及びそれを基底とする文化について理論及び実践の両面にわたる教育研究を進め、現代社会の国際化・情報化に即応した高度な言語文化リテラシーを身に付けるとともに、そこで得られた知見を世界に向けて発信し得る人材を養成することを目的とします。

 

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 言語と文化に関する最先端かつ高度な専門性と深い学識を養います。

 言語文化研究科は3専攻から成り、言文専攻は、主に超域的・普遍的・理論的な観点から、言語文化の成り立ちや、そのあるべき姿を追求します。言語社会専攻では、世界の諸言語とそれを基底とする社会や文化に関する理論と実践にわたる教育研究を行います。日本語・日本文化専攻は、日本語・日本文化を取り巻く新しい状況において、日本語・日本文化を世界の諸言語・文化・社会との有機的な関係の中で捉える研究教育を推進しています。

○高度な教養

 既存の学問領域に捕らわれず、高度な教養を身に付け、複眼的、俯瞰的に思考し、多角的に評価できる力を養います。

○高度な国際性

 グローバル化や情報化が進展する今日、政治・経済・教育などの領域において、世界の諸地域・諸民族の相互理解を成り立たせるためには、それぞれの言語や文化を適切に理解し尊重する姿勢が必要です。このような社会において、言語や文化の差異を越えて、豊かなコミュニケーションを実らせる高度な言語能力を養います。

○高度なデザイン力

 言語と文化に関する本質的かつ複雑多様な課題を発見し、解決の道筋を構想できる力を養います。さらに、言語文化の成り立ちに対する洞察力、得られた知見を多様な情報手段によって発信する能力を養います。

 

 言語文化研究科は、これらの3専攻の特色を活かしつつ、博士前期課程及び博士後期課程を通じて、社会の多様な分野のリーダーとして活躍し得る人材の育成に取り組みます。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学のディプロマ・ポリシーのもと、言語文化研究科は、言語と文化に関する高度な専門性と深い学識、教養・デザイン力・国際性を身に付け、所定の単位を修得し、学位論文の審査及び最終試験に合格した学生に修士(言語文化学)または修士(日本語・日本文化)及び博士(言語文化学)または博士(日本語・日本文化)を授与します。

 

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

<博士前期課程>

・言語文化に関する最先端かつ高度な専門性と深い学識を有する。

<博士後期課程>

・研究者ならびに高度専門職業人に必要な言語文化に関する高度な専門性と深い学識ならびに高度な研究能力を有する。

○高度な教養

・日本及び国際社会の多様な言語文化現象に関して、既存の学問領域に捕らわれない、学際的で幅広い高度な教養を有する。

○高度な国際性

・言語文化を研究する立場から国際化・情報化の進展する現代社会に深い関心を寄せ、それぞれの言語や文化を適切に理解し尊重する姿勢を有する。

・言語や文化の差異を越えて、円滑なコミュニケーションを図る高度な言語運用能力を有する。

○高度なデザイン力

<博士前期課程>

・言語文化に関する専門分野において、本質的かつ複雑多様な課題を発見し、的確なデータ・文献資料収集を通して、解決の道筋を構想できる能力を有する。

<博士後期課程>

・言語文化に関する専門分野において、自らの課題に対して、先行研究を広く踏まえつつ、独創的かつ先端的な研究を展開できる能力を有する。

 

 博士前期課程においては、上記の能力を身に付けた学生に修士(言語文化学)または修士(日本語・日本文化)の学位を授与します。また、博士後期課程においては、博士(言語文化学)または博士(日本語・日本文化)の学位を授与します。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもと、言語文化研究科は、ディプロマ・ポリシーに掲げる知識や技能を修得させるべく、体系的かつ多様な科目の授業及び学位論文作成に対する指導を行います。

 

【教育課程編成の考え方】

 言語文化研究科では、3専攻が提供する言語文化に関する専門教育科目に加え、学際的な課題を発見する能力を育成する高度教養教育科目、グローバルな知見に基づき研究を遂行する能力を育成する高度国際性涵養教育科目を提供し、学際的かつ国際的な研究指導を行います。

 言語文化専攻は、言語文化比較交流論、言語文化システム論、現代超域文化論を中心に履修する分野、言語コミュニケーション論、言語文化教育論を中心に履修する分野、言語情報科学論、言語認知科学論を中心に履修する分野を設定しています。学生は自身の専門分野にかかわらず、横断的に幅広く科目を履修でき、学際的な研究が可能です。学生の研究指導は2名の教員が担当するが、指導教員以外にも、専攻の全教員に指導を求めることができる「集団指導体制」を取っています。

 言語社会専攻の前期課程は、24の専攻言語の科目群の他に、広域言語論、地域言語社会特論、複合領域特論、関連研究言語の科目群を設け、それぞれの多様な科目を提供しています。学生の研究指導は、前期課程の学生には各専攻言語の教員を中心に2名の教員が担当します。後期課程では、専攻言語を問わない教員3名による研究指導体制を取っています。

  日本語・日本文化専攻では、前期課程において、日本語学・言語学系域、日本語教育学系域、日本文化学系域の3つの系域ごとに専門科目を開設しています。また、各系域に、全教員の担当による総論科目を開設し、広い視座から研究に取り組むための基礎的知識を教授します。研究指導は、前期課程の学生には2名、後期課程の学生には3名の教員が担当します。

 

【学修内容及び学修方法】

 授業形式は、学生自身による問題解決型の学習を取り入れつつ、各専門教育科目の教授内容に合わせ、講義、演習、実習と様々です。また、博士前期課程においては、高度教養教育科目ならびに高度国際性涵養教育科目をそれぞれ2単位修得します。

 

【学修成果の評価方法】

 学修の成果は、筆記試験、口頭試験、研究報告等、シラバスに記載されている方法、ならびに修士論文及び博士論文により評価します。

 

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 

【学位プログラム版】教育目標および各ポリシー

○言語文化(作業中)

○言語社会(作業中)

○日本語・日本文化(作業中)

このページのトップへ