国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「精密科学」(研究科)の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士・博士(工学)

教育目標

 大阪大学および工学研究科の教育目標を受けて、学位プログラム「精密科学」では以下の通り教育目標を定めています。
 学位プログラム「精密科学」では、物理学を基本に、自然現象の精密さをその極限まで駆使し、我が国が常に時代を先取りしてきた、創造性に富んだ高度な“物づくり技術”の創出にチャレンジします。これからの社会の発展のために先端技術に求められるのは、原子分子のスケールでの物づくりです。これらは従来の生産技術を、経験に基づき改良・洗練していくだけでは成し得ることはできません。自然界の現象を物理学に立脚して電子・原子・分子レベルから解明、制御、応用することにより、先端生産科学技術や先導的工学領域の開拓を図り、新産業創出へと展開して、豊かな社会の創造に貢献することを理念としています。新材料、加工プロセス、極限計測、制御を統合する新しい先端生産科学技術を開拓し、物質やエネルギー、エレクトロニクス、情報・通信、生命・環境、宇宙などの分野に応用展開することを目指した精密科学の教育と研究を行うとともに、物質の基礎的性質の解明、新物質の創成とその物性予測、新計測法の開発から、ナノテクノロジー、フォトンテクノロジー、バイオメディカル工学に至る融合科学技術の開拓を目指した教育と研究を行います。このような理念や伝統を理解し、自ら課題を設定して探求するための充分な基礎学力を備え、次世代を担う科学技術分野の発展に積極的・主体的に貢献できる人材を育成することを目標としています。

 

博士前期・後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 自然科学全般に関する高度な専門知識、特に物理工学に関する高度な専門知識と技能を習得することをめざします。

○高度な教養

 自然科学全般に関する基礎知識の習得を通して、人類社会や自然界の仕組みを深く理解する幅広い科学的知識と思考力の育成を目指します。

○高度な国際性

 幅広い教養と国際性を身につけることにより、工学を真に人類社会の発展に活かすことのできる国際性を持つ人材の育成を目指します。

○高度なデザイン力

 科学技術を総合的に俯瞰できる洞察力を養うことにより、工学を真に人類社会の発展に活かすことのできるデザイン力及び高い倫理観を持つ人材の育成を目指します。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のディプロマ・ポリシーのもとに、学位プログラム「精密科学」では以下のとおりディプロマ・ポリシーを定めています。
 工学研究科精密科学・応用物理学専攻は、自然界の現象を物理学に立脚して解明、制御、応用することにより、幅広く科学技術を発展させ、その成果を実社会へ還元できる人材を育成することを目標として設立された専攻です。学位プログラム「精密科学」では、あらゆる科学・技術分野で必要とされる専門講義科目、演習・実験により高度な専門知識を習得します。また、コース内に限らず、国内外の教育研究機関との広範な連携によって、基礎科学から応用、融合分野の創出に至るさまざまなプロジェクト研究を推進しており、そのような研究活動を通じて、論理的思考力、課題探究力、問題解決力、表現力並びに国際性やコミュニケーション能力を併せ持つ研究開発能力を習得します。これらのカリキュラムに沿って設定した所定の単位を修得し、工学研究科規程に定める修士論文および博士論文の審査に合格した学生には、修士(工学)および博士(工学)の学位を授与します。

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・専門講義科目、演習・実験により高度な専門知識を修得している。
・論理的思考力、課題探究力、問題解決力、表現力を併せ持つ研究開発能力を修得している。

○高度な教養

・多くの事象にわたる幅広い総合的な人文学的教養と、人文学を超えて学問全般にわたる広い教養を身につけている。

○高度な国際性

・グローバル化社会に貢献できる語学力、コミュニケーション能力、国際性を持っている。

○高度なデザイン力

・最先端研究におけるプロジェクトベースラーニングによって培われた、幅広い学問基盤と国際感覚、異分野との融合能力を修得している。
・価値創造型グローバル連携を積極的に展開し、原子レベルで制御された製造プロセスの真の進化と学術体系化を推進できる実践的な実力を修得している。
・学位取得後、トップスピードで企業等の物づくり現場に参入し、即戦力として活躍できる実力を持修得している

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもとに、学位プログラム「精密科学」では以下のとおりカリキュラム・ポリシーを定めています。

 

【教育課程編成の考え方】

 ディプロマ・ポリシーに掲げる知識・技能を修得させるため、学位プログラム「精密科学」では、専門 講義科目、演習・実験により高度な専門知識を習得します。また、幅広い分野の素養や国際性を高めるための科学技術に関する専門講義科目も用意しています。所属コース以外の開講科目も受講し専門性を広げることができ、さらに、研究室での研究活動を通じて、論理的思考力、課題探究力、問題解決力、表現力並びに国際性やコミュニケーション能力を併せ持つ研究開発能力を習得します。精密科学コースは、自然科学の分野における充実した教育体制を基礎に、「機能材料領域、ナノ製造科学領域、量子計測領域、原子制御プロセス領域、超精密加工領域、計算物理領域」の、6つの研究領域から成る大講座、および、生命先端工学専攻に属する応用表面科学、工学研究科附属超精密科学研究センターの8研究室により構成されており、それぞれが、「精密科学」に基づく物づくりのための、材料、加工、計測、計算物理の分野を担当し、密接かつ有機的な連携のもとに教育を行っています。また、コース内には、世界最高性能の研究施設(ウルトラクリーン実験施設)が設置されており、これら、充実した設備と自由な環境のもと、最先端の“物づくり技術”をめざした教育を推進しています。
 博士前期課程1年次では、物づくり技術に必要な「機器設計」、「材料・物性」、「加工・計測」、「デバイス」、「計算シミュレーション」に関する専門科目を修得したのち、1、2年次を通して、修士論文研究を遂行します。
 博士後期課程1年次では、各研究領域が提供する「特論」を学習・修得したのち、博士課程3年間を通じて、博士論文研究を遂行します。
 また、博士前期課程、博士後期課程を通じて「精密科学演習」が提供され、最先端研究の紹介とその 深い理解、研究の進捗報告および議論を通じて、「精密科学」が目指す物づくり技術に関する総合的な教養と実践的な方法論を学びます。
 量子エンジニアリングデザイン研究特別プログラム(QED-C)在籍の留学生を対象とした国際教育プログラムの開講も含まれています。

 

【学修内容及び学修方法】

 専門教育では、それぞれの専門分野における基礎的及び専門的な知識・技能を習得するために、講義、演習、実験による授業を行います。
 国際性涵養教育については、博士前期課程、博士後期課程において精密科学演習を必修科目として課し、英語文献による最先端研究の紹介とその深い理解、研究の進捗報告および議論を通じて、「精密科学」が目指す物づくり技術に関する総合的な教養と実践的な方法論の習得、ならびに国際性を涵養します。

 

【学修成果の評価方法】

 学修の成果は授業時間内における演習課題、レポート、学期末の試験などで評価します。学期末の試験においては60点以上を合格とします。

 

カリキュラム・マップ

〇精密科学

このページのトップへ