国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「社会基盤工学」(研究科)の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士・博士(工学)

教育目標

 大阪大学および工学研究科の教育目標のもと、学位プログラム「社会基盤工学」では以下のとおり教育目標を定めています。地球総合工学が目指す教育目標のもと、学位プログラム「社会基盤工学」においては、自然環境と調和した美しい国土づくりと、安全・安心で快適な社会生活及び円滑な社会経済活動を実現するための社会基盤の整備・保全に貢献する人材を育成するために、以下のような素養を身につけた人材の育成を目標として教育を行っています。博士前期課程では、より高度な次の能力を有する人材の育成を教育目標とします。さらに博士後期課程では、次の能力の修得を目標とします。

 

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・社会基盤工学の専門的・多面的学力(博士前期課程・後期課程) 

○高度な教養

・球環境や地域の多様な文化に対する学際的見識と倫理観(博士前期課程・後期課程)

○高度な国際性

・自らの考えや解決策を論理的に伝えるコミュニケーション力(博士前期課程・後期課程)
・英語により発表・討論する力(博士前期課程・後期課程)

○高度なデザイン力

・地球環境と人間社会の現象を理解し評価する力(博士前期課程・後期課程)
・課題を理解し計画・デザインをまとめる力(博士前期課程・後期課程)
・環境・性能・コストを総合的に考慮し解決を図るマネジメント力(博士前期課程・後期課程)
・時代とともに変化する社会的要請と技術動向に対処する力(博士後期課程)
・最先端の知識に基づき未来を構想する力(博士後期課程)

○独自の教育目標

・国際的協調を基に社会基盤の長寿命化に貢献する力(博士後期課程)

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のディプロマ・ポリシーのもと、学位プログラム「社会基盤工学」では以下のとおりディプロマ・ポリシーを定めています。学位プログラム「社会基盤工学」の教育目標のもと、博士前期課程では、専門分野の知識を深める講義や討論を重視した演習・ゼミナールに加え、論理的思考力、課題探究力、問題解決力、解決策を論理的に伝えるコミュニケーション能力を併せ持つ実践的な研究開発能力を培う修士論文作成のための研究を通して、下記の能力を身につけた学生に修士(工学)の学位が授与されます。博士後期課程では、博士前期課程で養う能力に加え、専門分野の先端科学技術を学ぶ講義の他、博士論文の作成のための研究活動を通して、下記の能力を身につけた学生に博士(工学)の学位が授与されます。

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・社会基盤工学の専門的・多面的学力を身につけている。(知識・理解)(博士前期課程・後期課程)

○高度な教養

・地球環境や地域の多様な文化に対する学際的見識と倫理観を身につけている。(知識・理解、思考・判断)(博士前期課程・後期課程)

○高度な国際性

・自らの考えや解決策を論理的に伝えるコミュニケーション力を身につけている。(技能・表現)(博士前期課程・後期課程)
・英語により発表・討論する力を身につけている。(関心・意欲・態度、技能・表現)(博士前期課程・後期課程)

○高度なデザイン力

・地球環境と人間社会の現象を理解し評価する力を身につけている。(知識・理解、思考・判断)(博士前期課程・後期課程)
・課題を理解し計画・デザインをまとめる力を身につけている。(知識・理解、思考・判断)(博士前期課程・後期課程)
・環境・性能・コストを総合的に考慮し解決を図るマネジメント力を身につけている。(思考・判断)(博士前期課程・後期課程)
・時代とともに変化する社会的要請と技術動向に対処する力を身につけている。(思考・判断、関心・意欲・態度)(博士後期課程)
・最先端の知識に基づき未来を構想する力を身につけている。(知識・理解、思考・判断)(博士後期課程)

○独自の学習目標

・国際的協調を基に社会基盤の長寿命化に貢献する力を身につけている。(思考・判断、技能・表現)(博士後期課程)

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもと、学位プログラム「社会基盤工学」では以下のとおりカリキュラム・ポリシーを定めています。

 

【教育課程の編成の考え方】

 学位プログラム「社会基盤工学」の教育カリキュラムは、専門分野の知識や技術をより深く習得するためにデザインされた「専門講義科目」に加え、修士論文および博士論文を作成するための研究活動および研究成果発表のためのプレゼン能力・コミュニケーション能力等を養う「研究・ゼミナール」からなります。「専門講義科目」は、材料・構造系、水工系、地盤系、計画系、環境・マネジメント系に分類されています。

 

【学修内容及び学修方法】

 博士前期課程では、各分野における世界最先端の内容を有する各種授業が開講されており、それらを自由に選択することにより、総合的かつ深い専門的知識を獲得できます。また修士論文研究では、高度な専門能力とともに、自発的な探求心の醸成、ゼミナールにおける議論や発表を通じたコミュニケーション能力の育成が図られます。
 博士後期課程では、さらに高度な各種授業の他、専門領域における世界トップレベルの理論の構築とその工学的適用を目的として、指導教員による博士論文指導および指導教員グループによる研究指導が行われます。最先端の学識のみならず、時代と共に変化する社会的要請への対処力、未知の分野への学術的展開力を重視した実践的な指導が行われます。

 

【学修成果の評価方法】

 学修の成果は各科目のシラバスに記載されている定められた成績評価の方法(試験,課題やレポートの提出状況とその評価結果)を用いて厳正に評価します。

 

カリキュラム・マップ

〇社会基盤工学

このページのトップへ