国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「ビジネスエンジニアリング」の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士・博士(工学)

教育目標

 大阪大学および工学研究科の教育目標を受けて、学位プログラム「ビジネスエンジニアリング」では以下のとおり教育目標を定めています。
 学位プログラム「ビジネスエンジニアリング」は、機能や利便性がモノの価値(物価)を決めていた20世紀の規格大量生産社会を脱却し、多様な個人の好みを満足させるように込めた知恵がモノの価値(知価)を決める知価社会への変革が必要との理念に立脚しています。高度な工学的専門性と経済・経営に関する知識を兼ね備え、異分野の融合・連携により工学的な研究開発や経営学的な戦略を企画・遂行できる「技術知」を身に付け、社会や経済の高度化・活性化に貢献する人材の育成を目標とします。
 特にビジネスエンジニアリング専攻は、プロジェクト研究などに少人数グループで取り組むOJE型演習(On the Job Education)を、工学研究科の他専攻や経済学研究科、さらに民間企業との連携を通じて実施しています。これにより、消費者ニーズに対応するため多様な知恵を盛り込んだ、ものづくりを含めたソリューションを提供し、持続可能な社会づくりに貢献するリーダーを育成し、世に送り出すことに注力しています。
 博士後期課程においては、さらに
 ○社会の未来を予見し、それに対応した研究開発を自らデザインし実践する能力
 ○自身の研究開発の成果を実社会に適用し展開する能力
を身につけ、社会や経済の活性化に貢献するリーダーを育成します。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 工学における世界最先端の専門的知識とそれを適用するための深い思考力の習得を目指します。

○高度な教養

 経済および経営に関する基礎的な知識をはじめとする、多岐にわたる専門分野に関わる教養を修得し、多面的な視点と分析力の修得を目指します。

○高度な国際性

 グローバルな問題に、海外の研究開発者など多様な人材と協働して取り組むことができる国際性・コミュニケーション力を持つ人材の育成を目指します。

○高度なデザイン力

 工学や経営学を実社会に役立てるための考え方や方法論を修得し、それを具現化するための高度なデザイン力の習得を目指します。

 

 博士後期課程においては、上記の教育目標をさらに統合し、

 ◯社会の未来を予見し、それに対応した研究開発を自らデザインし実践する能力
 ○自身の研究開発の成果を実社会に適用し展開する能力
を身につけ、社会や経済の活性化に貢献するリーダーを育成します。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のディプロマ・ポリシーのもとに、学位プログラム「ビジネスエンジニアリング」では以下のとおりディプロマ・ポリシーを定めています。
 学位プログラム「ビジネスエンジニアリング」では、教育目標としている「高度な工学的専門性と経済・経営に関する知識を兼ね備え、異分野の融合・連携による工学的な研究開発や経営学的な戦略を企画・遂行できる「技術知」を身につけ、社会や経済の高度化・活性化に貢献する人材」を育成するため、博士前期課程においては下記の能力に加え、所定の単位を修得し、修士論文の審査に合格した学生に工学修士の学位を授与します。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・工学専門分野の高度な知識・技能を習得している。

○高度な教養

・基礎的な経済・経営の知識を習得しており、かつ異分野との融合・連携を図ることができる。

○高度な国際性

・思考力・分析力・決断力・コミュニケーション力がそれぞれ実践的な形で身についている。
・チームの中での自らの役割を理解し、チームの課題に対して主体的に取り組むことができる。

○高度なデザイン力

・消費者ニーズに対しものづくりを含めたソリューションをデザインし、提供することができる。
・社会や経済の活性化に貢献できるリーダーとして上記の能力・知識を展開することができる。

 博士後期課程においては上記4項目を統合し、さらに下記の能力を備えた上で、所定の単位を修得し、博士論文の審査に合格した学生に博士(工学)の学位を授与します。
 ・ 最先端の科学技術に対し深い造詣を有している。
 ・ 実践的な研究能力として、論理的かつ独創的思考力、課題探究力、問題解決力、表現力とコミュニケーション能力をそれぞれ習得している。
 ・ 研究者として基礎的な研究企画力、研究推進力並びに研究発信力を有している。
 ・ 科学技術の発展のための研究・開発に高い関心を持つとともに、これらの活動の中心を担う意志
を有している。

○独自の学習目標

 当専攻で工学修士を取得した後、経済学研究科経営学系専攻ビジネスコースに進学すれば、MBA(経営学修士)を1年間で取得し、3年間で二つの修士号を得る道が開かれています。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもとに、学位プログラム「ビジネスエンジニアリング」では以下のとおりカリキュラム・ポリシーを定めています。

 

【教育課程編成の考え方】

 学位プログラム「ビジネスエンジニアリング」では、教育目標に定める「高度な工学的専門性と経済・経営に関する知識を兼ね備え、異分野の融合・連携により工学的な研究開発や経営学的な戦略を企画・遂行できる「技術知」を身に付け、社会や経済の高度化・活性化に貢献する人材」を育てるため、前期課程では、「専門科目」「OJE科目」「MBA基礎科目」の三つのカテゴリに分けた講義演習科目と修士論文研究の指導を実施しています。
 博士後期課程では、専門性をさらに高めるための授業を開講するとともに、専門領域における世界でトップレベルの理論の構築と実社会への適用を目的とし、指導教員による独創性・有用性等の視点からの研究論文指導を通じて完結するカリキュラムを提供しています。

 

【学修内容及び学修方法】

◯専門科目

 各員の修士論文研究課題と繋がる工学の専門性を深め、深い思考力によって展開する方法論などに関する科目です。工学専門性の涵養のために必要な工学研究科の他専攻の授業の履修も推奨しています。試験等により理解度を評価する他、講義での積極性も考慮します。

◯OJE科目

 工学を実社会に役立てるための新しい考え方やマネジメント手法を、演習を多く取り入れて指導します。特に、企業との連携や大学内でのプロジェクト研究などに少人数グループで取り組むOJE型演習「On the Job Education」を通じて、実社会で求められる課題発見・解決力や協働力を養うことに力をいれています。

◯MBA基礎科目

 経済学や経営学の基礎知識を学ぶ科目で本学の経済学研究科で実施している科目を履修し修了要件単位としてカウントします。試験等により理解度を評価する他、講義での積極性も考慮します。

◯修士論文研究指導

 配属される研究室で特定の工学分野の最先端の研究テーマに深く踏み込んで2年間取り組み、課題解決や発表と質疑応答を行うことで修士論文を完成させます。また、学会発表、研究論文刊行、特許出願などを目指し専門性を高めます。

 

【学修成果の評価方法】

 学修の成果は、試験やレポート等の課題、および授業・演習における貢献度で評価します。
 社会人基礎力などをベースとした評価シートによる自己評価及び他者評価も採り入れています。

 

カリキュラム・マップ

〇ビジネスエンジニアリング

このページのトップへ