国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「応用化学」(研究科)の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士・博士(工学)

教育目標

 大阪大学および工学研究科の教育目標のもと、応用化学専攻では、工学的視点に立った化学全般に関する基礎知識と幅広い教養を有するとともに、化学分野での専門性に立脚した工学的応用力を身につけた人材の育成を目標としています。さらに、グローバルな視点も養うことによって、未来創造社会のリーダーとなる人材の育成に取り組んでいます。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 化学を基礎とする最先端かつ高度な専門性を備えている人材の育成を目指します

○高度な教養

 工学的視点に立った化学全般に関する基礎知識と幅広い教養を有する人材の育成を目指します

○高度な国際性

 研究開発を推進するための表現力ならびに国際性やコミュニケーション能力をもつ人材の育成を目指します

○高度なデザイン力

 研究開発を実践するための論理的思考力、課題探究力、問題解決力の修得を目指します

 

博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 応用化学分野における世界最先端の専門的知識と技能を有する人材の育成を目指します

○高度な教養

 応用化学分野を中心に幅広い知識を有し、広い視野に立って柔軟に思考することができる人材の育成を目指します

○高度な国際性

 教育・研究の将来を担いうるグローバルリーダーとしての高いコミュニケーション能力、国際性、倫理観を身につけた人材の育成を目指します

○高度なデザイン力

・研究開発を実践するための高度な論理的思考力、課題探究力、問題解決力、研究推進力、研究発信力の修得を目指します
・科学技術を総合的に俯瞰して新分野・新技術をデザインできる洞察力、独創的思考力、研究企画力をもつ人材の育成を目指します

 上記の教育を通して、化学を基盤として分子変換技術、機能性分子創成、医薬品開発、環境技術、エネルギー変換技術等の次世代を担う科学技術分野の発展に主体的に貢献できる人材の育成に重点をおいています。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のディプロマ・ポリシーのもと、教育目標に定める人材を育成するため、応用化学専攻のカリキュラムに沿って設定した所定の単位を取得し、以下に示した能力を備え、修士論文の審査に合格した学生には修士(工学)が、博士論文の審査に合格した学生には博士(工学)が授与されます。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 化学を基礎とする最先端かつ高度な知識と技能を有している

○高度な教養

 工学的視点に立った化学全般に関する基礎知識と幅広い教養を身に付けている

○高度な国際性

 研究開発を推進するための表現力ならびに国際性やコミュニケーション能力を有している

○高度なデザイン力

・研究開発を実践するための論理的思考力、課題探究力、問題解決力を修得している
・自身の研究成果を正しく整理して修士論文を作成する能力を有している

 

博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 応用化学分野における世界最先端の専門的知識と技能を有している

○高度な教養

 応用化学分野を中心に幅広い知識を有し、広い視野に立って柔軟に思考することができる

○高度な国際性

 教育・研究の将来を担いうるグローバルリーダーとしての高いコミュニケーション能力、国際性、倫理観を身につけている

○高度なデザイン力

・研究開発を実践するための論理的思考力、課題探究力、問題解決力、研究推進力、研究発信力を習得している
・科学技術を総合的に俯瞰して新分野・新技術をデザインできる洞察力、独創的思考力、研究企画力を修得している
・新規性、独創性、学術的意義を有する学術論文ならびに博士論文を作成する能力を有している

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもと、応用化学専攻では、豊かな創造性と独創性を発揮して化学に対する社会の期待と要請に応え、次世代の科学技術の柱を創出できる人材の育成に重点を置いた教育を実践するカリキュラムを提供します。

 

【教育課程編成の考え方】

 博士前期課程では、化学分野の専門教育科目の講義ならびに分野別講義を通して、化学を基礎とする最先端かつ高度な知識を修得させるとともに、化学及びその周辺分野における科学技術を俯瞰的に理解する能力を養います。また、「化学工学」等の講義を通して実用的な工業生産工程に関する基礎理論等、工学的視点に立った化学全般に関する基礎知識と幅広い教養を修得させます。さらに、国際性涵養教育科目である「ゼミナール」により、研究開発を推進するための表現力ならびに国際性やコミュニケーション能力を修得させ、総合的に化学を議論できる能力を養います。「研究指導」を通して、研究開発を実践するための論理的思考力、課題探究力、問題解決力を養い、自身の研究成果を正しく整理して修士論文を作成する能力を修得させます。
 博士後期課程では、専門教育科目の講義を通して、応用化学分野を中心とする幅広い知識とともに、世界最先端の専門的知識を修得させます。また、自身の専門分野以外の先端化学研究の調査と発表、新たな研究課題の探索・企画・発表を行う「ゼミナール」を通して、高いコミュニケーション能力と国際性を養うとともに、科学技術を総合的に俯瞰して新分野・新技術をデザインできる洞察力、独創的思考力、研究企画力を修得させます。さらに、「研究指導」により、研究開発を実践するための論理的思考力、課題探究力、問題解決力、研究推進力、研究発信力を養い、新規性、独創性、学術的意義を有する学術論文ならびに博士論文を作成する能力を修得させます。

 

【学修内容及び学修方法】

 化学を基礎とする最先端かつ高度な知識とともに、工学的視点に立った化学全般に関する基礎知識と幅広い教養を修得させるために、「専門教育科目」と「分野別講義」(「環境・エネルギー化学」、「マテリアル化学」、「生命化学」)の授業を講義形式で行います。また、コミュニケーション能力、国際性、論理的思考力、独創的思考力、研究企画力を養うために、「ゼミナール」を発表形式で行います。

 

【学修成果の評価方法】

 学修の成果は、シラバスに記載されている学習目標の達成度をもとに、学期末試験、レポート、小テストの結果などにより評価します。

 

カリキュラム・マップ

〇応用化学

このページのトップへ