国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「生命先端工学」の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士・博士(工学)

教育目標

 大阪大学および工学研究科の教育目標のもと、学位プログラム「生命先端工学」では以下のとおり教育目標を定めています。幅広い視野から国際的に活躍できる人材やバイオテクノロジーのフロンティアや先端的融合分野をも創出し得る国際的、創造的な人材を輩出することを目標としています。
 物質生命工学コースは、人類の存続と繁栄を目指し、物理学、化学を主体として発展してきた物質科学と生物学、情報科学に基礎を置く生命科学を融合した新しい学問領域を確立し、その最先端の工学的展開を図ることで、従来の学問領域や研究領域を超越した新しい科学観をもつ次世代の研究者・技術者を養成することを目標としています。そのため、物質生命工学コースでは、応用化学(4領域)、応用生物学(1領域)、精密科学(1領域)、応用物理学(2領域)の各分野の指導教官が、それぞれの分野の基幹コースと相補的関係を保ちながら教育・研究を進めています。
 生物工学コースは、生命のメカニズムを多様なアプローチで解析し、人と地球の持続的発展に必要な細胞、生命システムの創造と工学的な展開を通して、その成果を食糧、医療、環境、材料,エネルギーなどをはじめとした多様な産業に結実させ、人類の未来に貢献できる国際感覚を持った人材の育成を教育目標としています。すなわち、「生命に学び」、「生命を創り」、「生命で造る」から構成される生物生産システムをトータルにデザインできるグローバル人材の育成が教育目標です。

  

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・物理学、化学を主体として発展してきた物質科学と生物学、情報科学に基礎を置く生命科学を融合した新しい学問領域を確立し、その最先端の工学的展開を図ることで、従来の学問領域や研究領域を超越した新しい科学観をもつ次世代の研究者・技術者の養成を目指します。
・人類の未来に貢献できる国際感覚を持った人材の育成を目指し、生命科学、数学、物理学、化学、情報科学や工学の素養を身につけるための教育・研究を通して、バイオテクノロジーのフロンティアや先端的融合分野をも創出し得る国際的、創造的な人材の育成を目指します。

○高度な教養

・自然科学の知識だけでなく、科学技術政策がどのように国の産業の将来を決めて経済に影響を及ぼすか、また科学技術が産業と構造的にどのように関連するかを理解させ、科学技術の新たな課題を提起し、新しい政策の可能性も考えることができる人材の育成を目指します。
・生命のメカニズムを多様なアプローチで解析し、人と地球の持続的発展に必要な細胞、生命システムの創造と工学的な展開を通して、その成果を食糧、医療、環境、材料,エネルギーなどをはじめとした多様な産業に結実させ、人類の未来に貢献できる国際感覚を持った人材の育成を目指します。

○高度な国際性

・専門英語教育も実施し、幅広い視野から国際的に活躍できる人材を育成することを目指します。
・英語でのコミュニケーション力と国際交流力を培う教育により、バイオテクノロジーのフロンティアや先端的融合分野をも創出し得る国際的、創造的な人材を育成することを目指します。

○高度なデザイン力

・従来の学問領域や研究領域を超越した新しい科学観をもつ次世代の研究者・技術者の養成を目指します。
・「生命に学び」、「生命を創り」、「生命で造る」から構成される生物生産システムをトータルにデザインできるグローバル人材の育成を目指します。

 

博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・物理学、化学を主体として発展してきた物質科学と生物学、情報科学に基礎を置く生命科学を融合した新しい学問領域を確立し、その高度かつ最先端の工学的展開を図ることで、従来の学問領域や研究領域を超越した新しい科学観をもつ次世代の研究者・技術者の養成を目指します。
・人類の未来に貢献できる国際感覚を持った人材の育成を目指し、生命科学、数学、物理学、化学、情報科学や工学の素養を身につけるための教育・研究を通して、バイオテクノロジーのフロンティアや先端的融合分野をも創出し得る高度に国際的、創造的な人材の育成を目指します。

○高度な教養

・自然科学の知識だけでなく、科学技術政策がどのように国の産業の将来を決めて経済に影響を及ぼすか、また科学技術が産業と構造的にどのように関連するかを理解させ、科学技術の新たな課題を提起し、新しい政策の可能性も考えることができる高度な人材の育成を目指します。
・生命のメカニズムを多様なアプローチで解析し、人と地球の持続的発展に必要な細胞、生命システムの創造と工学的な展開を通して、その成果を食糧、医療、環境、材料,エネルギーなどをはじめとした多様な産業に結実させ、人類の未来に貢献できる国際感覚を持った高度な人材の育成を目指します。

○高度な国際性

・専門英語教育も実施し、幅広い視野から国際的に活躍できる人材を育成することを目指します。
・英語でのコミュニケーション力と国際交流力を培う教育により、バイオテクノロジーのフロンティアや先端的融合分野をも創出し得る高度に国際的、創造的な人材を育成することを目指します。

○高度なデザイン力

・従来の学問領域や研究領域を超越した新しい科学観をもつ次世代の研究者・技術者の養成を目指します。
・「生命に学び」、「生命を創り」、「生命で造る」から構成される生物生産システムをトータルにデザインできるグローバル人材の高度な育成を目指します。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のディプロマ・ポリシーのもとに、学位プログラム「生命先端工学」では以下のとおりディプロマ・ポリシーを定めており、以下の項目にあげる能力を身につけ、設定した所定の単位を修得し、定められた試験・審査に合格した学生に修士(工学)または博士(工学)の学位を授与します。
 物質生命工学コースでは、学部教育は応用自然科学科の授業を担当しています。応用自然科学科では、広範な理工学分野に必要な自然現象を学問対象とし、原子・分子レベルのミクロな立場からそれらを理解するとともに、その基本的なメカニズムを幅広い視野に立って工学的に応用することができる人材を育てることに主眼を置いています。応用自然科学の全分野、すなわち応用生物学(生物化学工学領域)、応用化学(有機電子材料科学領域、超分子認識化学領域、ケミカルバイオロジー領域、生命機能化学領域)、精密科学(応用表面科学領域)、応用物理学(先端物性工学領域、フォトニック情報工学領域)の教員が、各学科目(応用生物工学科目、応用化学科目、精密科学科目、応用物理学科目)において基礎及び専門科目の授業を実施しています。化学、生物、物理の専門分野だけでなく、すべての分野を融合した学際的な考え方の重要性を学生に理解させるようにしています。
 生物工学コースで修士(工学)の学位を取得するには、カリキュラムに沿って設定された専門科目について、所定の単位を取得することが必須条件です。しかし、そうした多様な生物工学専門分野の理解だけでなく、卒業時には、修士研究の成果を原則として英語で発表する事を課しています。その後、修士研究の成果を修士論文として提出することが求められます。また、その間、前期課程の1年次には、研究の進捗状況について、原則として英語でポスター発表を行うことにより評価し、適宜指導を行っています。一方、博士(工学)の学位取得には、所定の単位を取得するだけでなく、自らのアイデアに基づいて研究を企画立案し、周囲をも巻き込んで研究を主体的に進展させる能力が求められます。研究成果を博士論文として提出することが学位取得の必要条件となっています。また,国際な専門誌に英語で執筆した原著論文を発表することを博士論文執筆の要件としています。
 なお、学習目標は以下のとおりです。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・自然現象を原子・分子レベルのミクロな立場から理解し、基本的なメカニズムを幅広い視野に立って工学的に応用することができる。
・遺伝子から生態に至るまでの生物科学の基礎的知識を体系的に理解し、工学的に応用することができる。
・生物が関わる現象を化学の力で解き明かす知識ならびに思考力をもち、工学的に応用することができる。

○高度な教養

・豊かな人間性と社会性のための広い教養を身につけている。

○高度な国際性

・生命先端工学によって生み出された物質・技術を、高い英語力、自己表現能力により、国際科学誌への掲載、国際学会での発表などにより国際社会に発信することができる。

○高度なデザイン力

・物質科学と生命科学、情報科学を融合し、新しい先端科学の創成と、最先端バイオテクノロジーに応用することができる。
・生命先端工学分野について自ら設定した課題について、研究手法をデザインし、さらに発展させることができる。

 

博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

・自然現象を原子・分子レベルのミクロな立場から高度に理解し、基本的なメカニズムを幅広い視野に立って工学的に応用することができる。
・遺伝子から生態に至るまでの生物科学の基礎的知識を体系的に理解し、工学的に高度に応用することができる。
・生物が関わる現象を化学の力で解き明かす知識ならびに思考力をもち、工学的に高度に応用することができる。

○高度な教養

・豊かな人間性と社会性のための高度でかつ広い教養を身につけている。

○高度な国際性

・生命先端工学によって生み出された物質・技術を、高い英語力、自己表現能力により、国際科学誌への掲載、国際学会での発表などにより高度に国際社会にて発信することができる。

○高度なデザイン力

・ 物質科学と生命科学、情報科学を融合し、新しい先端科学の創成と、最先端バイオテクノロジーに高度に応用することができる。
・ 生命先端工学分野について自ら設定した課題について、研究手法をデザインし、さらに高度に発展させることができる。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学および工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもと、学位プログラム「生命先端工学」では以下のとおりカリキュラム・ポリシーを設定しています。

 

【教育課程編成の考え方】

【物質生命工学コース】

 前期課程の授業科目は、国際性涵養教育と専門教育については、生物分野(生命工学、細胞動態学、生物化学工学特論)、化学分野(有機電子材料科学、超分子認識化学、光化学とケミカルバイオロジー、生命機能化学、化学工学特論、計算機化学)、物理分野(物性分析工学、ナノ物性計測工学、時空間フォトニクス、光計測工学、応用表面科学、表面原子制御特論)に亘り、自然科学分野を網羅しています。この中で2分野以上の単位修得を義務づけ、新しい学際研究領域を開拓する能力を養成します。さらに、物質生命工学特別課題演習では、所属研究室以外で実習を受けて異分野の基礎を修得させます。また、国際性涵養教育として、工学英語I/IIを開催し、国際的に活躍できる人材育成を行っています。これらの教育課程編成によって「最先端の高度な専門性と深い学識」「高度な国際性」「高度なデザイン力」を育成します。さらに高度教養教育として、生命先端工学特別講義I/II(集中講義)を配置し、「高度な教養」を育成します。
 後期課程においては、国際性涵養教育、専門教育、高度教養教育として生命科学特論(生物系)、物質科学特論(化学系)、物性科学特論(物理系)、生命先端工学特別講義III/IV(集中講義)を開講し、さらに専門性の高い知識を身につけるとともに、物質生命工学研究企画ゼミナールでは、独自の企画で想定論文を提出し、その発表を行うことで、独創的なアイデアを生み出す力を養います。これらの教育課程編成によって「最先端の高度な専門性と深い学識」「高度な国際性」「高度なデザイン力」「高度な教養」を育成します。

 

【生物工学コース】

 前期課程においては、国際性涵養教育と専門教育については、生物資源工学、ゲノム機能工学、細胞動態学、生命環境システム工学特論、細胞工学特論、生物化学工学特論、組織生産プロセス工学、微生物学特論、分子微生物学などの授業科目を用意して、生命の理解に留まらず、生物生産プロセスをトータルにデザインし、ものづくりに結実させることができる能力が培われるカリキュラム設計としています。これらの科目のいくつかは、留学生のためのバイオテクノロジー英語特別コースにも開講されており、英語で講義が行われています。そのため、受講者には留学生も含まれており、英語での自己表現力や討論能力を訓練できる科目として機能しています。これらの教育課程編成によって「最先端の高度な専門性と深い学識」「高度な国際性」「高度なデザイン力」を育成します。さらに高度教養教育として、生命先端工学特論I/II(集中講義)を配置し、「高度な教養」を育成します。さらに、当コースでは、前期課程の早い時期に、短期間であっても外国に留学することを奨励しており、将来、国際的に活躍しようとする人にとっては、大変魅力的な留学環境が整備されています。
 後期課程においては、生物機能工学特論I, II、生命反応工学特論I, II、生物工学ゼミナールIII~VIIIを開講し、さらに専門性の高い知識を身につけるとともに、独創的なアイデアを生み出す力を養います。これらの教育課程編成によって「最先端の高度な専門性と深い学識」「高度な国際性」「高度なデザイン力」「高度な教養」を育成します。

 

【学修内容及び学修方法】

 前期課程の授業科目は、国際性涵養教育と専門教育については、講義、演習、実験の授業形式にて、さらに高度な教養については、集中講義形式で行います。さらに修士論文については、指導教員および指導教員グループによる研究指導形式で行われます。
 後期課程においては、国際性涵養教育、専門教育ならびに高度な教養について集中講義を含む講義、演習、実験の授業形式にて行います。さらに博士論文については、指導教員および指導教員グループによる研究指導形式で行われます。

 

【学修成果の評価方法】

 学修の成果として、シラバスに記載されている学習目標の達成度について、中間・期末試験、レポート、授業参加態度、小テストの結果などを用いて評価します。

 

カリキュラム・マップ

〇物質生命工学コース

〇生物工学コース

このページのトップへ