国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

学位プログラム「知能・機能創成工学」の教育目標及び各ポリシー

授与する学位:修士・博士(工学)

教育目標

 大阪大学及び大学院工学研究科の教育目標のもと、学位プログラム「知能・機能創成工学」では専門分野の学問を深く探究するとともに新たな融合工学分野での学術の発展を先導し、それらの積極的な活⽤を通じて⼈類社会の持続的発展に資することを⽬指した教育・研究に取り組み、⼯学に関わる幅広い舞台でグローバルに活躍することのできるリーダーを育成し社会に輩出することを教育⽬標としています。具体的には、
 ○発想・設計・実装のサイクルからなる方法論
 ○高機能材料や知能機械を基礎に、知能・機能を持つ人工物やシステムを創成する能力
 ○社会ニーズを察知する能力、創造性豊かな問題設定能力、専門力と統合力を発揮して問題を解決する能力
 ○チームワーク力とリーダーシップ力
を持った人材の育成を目指しています。
 博士前期課程での教育においては、社会ニーズを察知する能力、創造性豊かな問題設定能力、専門力と統合力を駆使して問題を解決する能力、チームワーク力、さらにグローバルに活躍できる能力を持つ人材の育成を目指しています。
 博士後期課程での教育においては、比類ない専門力とともに様々な専門分野を俯瞰し融合研究領域のプロジェクトを推進することのできるリーダーシップ力を有する人材を育成します。さらに新しい学術領域の構築を可能とする能力を有し、科学技術を発展させてグローバルな視座から社会貢献を先導できる人材の育成を目指しています。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 マテリアル科学、生産科学、機械工学のいずれかを基礎とする最先端かつ高度な工学の専門性と深い学識、および、それらを統合する力を身につける。

○高度な教養

 技術が社会に及ぼす影響を多面的・多角的に考察できる力を身につける。

○高度な国際性

 国際社会の多様な文化・哲学・宗教などの相手の考え方の背景を認識する力、及び相手の意図を理解する力を身につける。

○高度なデザイン力

 様々な専門分野の知識を組み合わせて、新しい価値を創出する能力を身につける。

○独自の教育目標

 社会ニーズを察知する能力、創造性豊かな問題設定能力、専門力と統合力を駆使して問題を解決する能力、チームワーク力、さらにグローバルに活躍できる能力を身につける。

 

博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 マテリアル科学、生産科学、機械工学の最先端かつ高度な専門性と深い学識、及びそれらの専門知から新たな学術的価値を創成する力を身につける。

○高度な教養

 社会に対する影響を考えて技術者・研究者として責任ある行動ができる力を身につける。

○高度な国際性

 相手の意見に耳を傾けるとともに、自らの意見を相手に説明できる力を身につける。

○高度なデザイン力

 新しい概念を創造し、新しい知を体系化する力を身につける。

○独自の教育目標

 融合領域研究の推進と新しい学術領域の構築を可能とする能力を身につけ、科学技術を発展させグローバルな社会貢献を先導できる能力を身につける。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大阪大学及び大学院工学研究科のディプロマ・ポリシーのもと、以下の項⽬にあげる能⼒を⾝につけ、設定した所定の単位を修得し、各課程で定められた試験・審査に合格した学⽣に修⼠(⼯学)、博⼠(⼯学)の学位を授与します。
 博士前期課程では、社会ニーズを察知し、統合力と想像力に富んだ問題設定・解決能力、チームワーク、さらに国際的にも活躍できる能力、新しい工学分野を創成できる能力を修得すべき能力と定めています。
 博士後期課程では、専門分野を基礎とした研究開発を進める能力に加えて、融合領域研究の推進できる能力、さらには新しい学術領域の構築を可能とする能力、科学技術を発展させてグローバルな視座から社会貢献を先導する能力を修得すべき能力と定めています。
 そして以下のとおり具体的に修得しているべき能力を定めています。
 ○マテリアル科学、生産科学、機械工学のいずれか,もしくは,複数の専門分野の深い知識を修得している。
 ○学際領域の研究に関心を持ち、意欲的にチャンレジする強い意志をもっている。
 ○国際会議等で英語でのコミュニケーション能力を身につけている。
 ○複数の専門分野にまたがる学際領域の研究を創造・推進できる知識、及び思考力を身につけている。
 ○研究の企画・計画・成果を英語で分かりやすく発表できる能力を身につけている。

 

博士前期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 マテリアル科学、生産科学、機械工学のいずれかを基本とする高度な専門性と深い知識を修得し、それらを統合する力を身につけている。

○高度な教養

 技術が社会に及ぼす影響を多面的・多角的に考察できる思考力を身につけている。

○高度な国際性

 国際社会の多様な文化、哲学・宗教など相手の考え方の背景に関心を持ち、それを認識する力、及び相手の意図を理解する力を身につけている。

○高度なデザイン力

 新しい概念や知識を構成する力を身につけている。 

○独自の学習目標

 社会ニーズを察知し、統合力と想像力に富んだ問題設定・解決能力、チームワーク、さらに国際的にも活躍できる能力を身につけており、新しい工学分野を意欲的に創成できる能力を身につけている。

 

博士後期課程

○最先端かつ高度な専門性と深い学識

 マテリアル科学、生産科学、機械工学の最先端かつ高度な専門性と深い学識を身につけており、それらの専門知から新たな学術的価値を創成する力を身につけている。

○高度な教養

 社会に対する影響を考えて技術者・研究者として責任ある行動ができる力を身につけている。

○高度な国際性

 相手の意見に耳を傾けるとともに、自らの意見を相手に説明できる力を身につけている。

○高度なデザイン力

 新しい概念を創造し、新しい知を体系化する力を身につけている。

○独自の学習目標

 融合領域研究の推進と新しい学術領域の構築を可能とする能力を身につけ、科学技術を発展させグローバルな社会貢献を先導できる能力を身につけている。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 大阪大学及び大学院工学研究科のカリキュラム・ポリシーのもと、学位プログラム「知能・機能創成工学」では以下のとおりカリキュラム・ポリシーを定めています。
 学際・国際・実社会への応用を目指した多様で高度なカリキュラムによる人材育成を主体としています。
 博士前期課程での教育においては、本専攻の掲げる教育理念のもとに、機械工学専攻・マテリアル生産科学専攻、他専攻、他部局、企業と連携することよって、学生の資質に合わせた科目群を準備し、いずれにおいても専門教育科目、国際性涵養科目を提供しています。
 博士後期課程での教育においては、たとえば、材料と加工、機械と材料、加工と機械を中心に融合した社会基盤材料創成、ロボット社会基盤創成、融合創成基盤システム等の融合領域研究の推進とともに、基礎力、応用力、展開力を学ぶことができるカリキュラムを提供しています。

 

【教育課程編成の考え方】

博士前期課程

 ディプロマ・ポリシーで必要とする能力を養うことのできる学際・国際・実社会への応用を目指した多様な人材に対応するカリキュラムを提供しています。

博士後期課程

 ディプロマ・ポリシーで必要とする能力を養うことのできる学際・国際・実社会への応用を目指した高度なカリキュラムを提供しています。

 

【学修内容及び学修方法】

博士前期課程

 専門教育科目と国際性涵養科目から所定単位を修得し、修士学位論文に関する研究を行います。
1. 知能創成工学、基盤創成工学、機能創成工学に加えて、工学研究科が提供する工学英語I、工学英語II、機械工学専攻・マテリアル生産科学専攻と連携した機械工学科目群・マテリアル生産科学科目群に含まれる科目によって、専門基盤力や国際涵養性を養います。
2. 知能・認知・情報、応用デバイス・シミュレーション、先進材料・デザインの三つに大別される学際要素を含む科目、および機械工学専攻・マテリアル生産科学専攻と連携した機械工学科目群・マテリアル生産科学科目群に含まれる科目によって専門応用力を養います。この中には、副専攻プログラムとして他部局と連携した授業を含んでいます。
3. 基盤PP、新事業創成論、創成工学特別講義、創起塾、および機械工学専攻・マテリアル生産科学専攻と連携した機械工学科目群・マテリアル生産科学科目群に含まれる科目によって専門展開力を養います。
4.創成工学ゼミナール、融合科学技術創成、および機械工学専攻・マテリアル生産科学専攻と連携した機械工学科目群・マテリアル生産科学科目群に含まれる科目によって学際融合力を養います。

博士後期課程

 専門教育科目から所定単位を修得し、博士学位論文に関する研究を行います。春〜夏学期に先導融合工学、国際融合工学、社会融合工学によって基礎力を養い、創成工学ゼミナールによる応用力を養います。秋〜冬学期には、融合科学技術特論によって展開力を養います。

 

【学修成果の評価方法】

博士前期課程

 学修の成果は、講義科目では講義参加への積極性、レポート等提出資料の内容、試験の評点などにより総合的に評価し、演習科目では、演習参加への積極性、レポート等提出資料の内容、発表会等での発表内容や質疑応答の積極性などにより総合的に評価します。また修士論文審査では、専攻外の専門家への副査依頼など、より客観的、学際的な評価を行っています。

博士後期課程

 学修の成果は、講義内容の学修への取り組みの積極性、資料作成への取り組みの積極性とその内容、発表会等での発表内容や質疑応答の積極性などにより総合的に評価します。博士論文審査では、大阪大学及び大学院工学研究科で定められた規程のもとに、専攻独自の学位審査の方法を定め、評価を行っています。

 

カリキュラム・マップ

〇知能・機能創成工学

このページのトップへ