国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

大学案内

適塾常設展示リニューアル

 今年2013年は、緒方洪庵の没後150年、および洪庵の開いた適塾の創設175周年にあたります。この記念の年、適塾記念センターでは、より深く洪庵と適塾の歴史を知っていただけるよう、適塾の一般公開の開始以来、33年ぶりに展示を一新し、4月2日より公開を始めました。

 今回、豊富な資料(レプリカ)とそのわかりやすい解説パネル、系統立てた展示の流れの見直しにより、新しい研究成果を踏まえつつ、洪庵の業績や塾での学びや生活がより身近に感じられるよう大きく改善されました。

 展示品はすべて精巧に作られたレプリカと写真パネルを用いています。室内の温湿度変化や自然光の差し込み等の適塾の展示環境に鑑みて、貴重な原史料保護の観点に立ち、このような形となりました。これにより、これまで展示の難しかった洪庵の書簡や著書、塾生に関する資料なども原史料に近い状態で常時見ていただけるようになりました。なお、一部のレプリカは、(公財)朝日新聞文化財団文化財保護助成によるものです。

 来年以降、年1回の「特別展示」(5月下旬~6月下旬の頃)の際に原史料を一部展示する予定です。

 この記念の年をきっかけに、ぜひ適塾にお越しいただき、建物内の見学と展示を通じて、幕末を代表する医師・蘭学者 緒方洪庵の功績とその人となり、近代日本を牽引することとなる多くの俊英たちを育んだ適塾の学風に触れていただければ幸いです。

 

 -常設展示概要-

  1階 緒方洪庵と適塾、洪庵の学問、洪庵の医業、種痘事業、洪庵とその家族

  2階 江戸時代後期の洋学、大坂の蘭学、適塾でのオランダ語学習、
     適塾の塾生たち、塾生と洪庵の交流、洪庵の後継者たち、適塾から大阪大学へ 

  ※ 適塾のアクセス・開館時間等はこちら 

 

家族部屋(1階)

 家族部屋(1階)

 

台所(1階)

 台所(1階)

 

 女中部屋(2階)

 女中部屋(2階)

 

 塾生大部屋(2階)

 塾生大部屋(2階)

 

このページのトップへ