国立大学法人大阪大学公式ウェブサイトです。地域に生き世界にのびる 大阪大学

教育

各種補助金事業

◇大学を活用した文化芸術推進事業

 「大学を活用した文化芸術推進事業」は、多彩な芸術文化活動を支える高度な専門性を有したアートマネジメント(文化芸術経営)人材について実践的能力の向上等を含めた養成を推進するため、芸術系大学等による公演・展示等の企画・開催も含めた実践的なカリキュラムの開発・実施を支援し、開発されたカリキュラムを広く他大学等に周知・普及させることを目的としております。

【平成28年度採択】

事業名称 「記憶の劇場」
-大学博物館を活用する文化芸術ファシリテーター育成講座-
部局名(事業推進者) 総合学術博物館

 

◇未来医療研究人材養成拠点形成事業

 「未来医療研究人材養成拠点形成事業」は、急速に進展する高齢化等に伴う医療課題の解決に貢献し、国内外の医学・医療の発展を強力に推進するため、下記のテーマA・テーマBについて、新規性・独創性の高い特色ある取組にチャレンジする大学の事業を支援することを目的としています。

〈テーマA〉メディカル・イノベーション推進人材の育成

 世界の医療水準の向上及び日本の医療産業の活性化に多大に貢献するため、世界の最先端医療の研究・開発等をリードし、将来的にその成果を国内外に普及できる実行力を備えた人材(イノベーションを推進できる人材)を養成することを目的とします。

〈テーマB〉リサーチマインドを持った総合診療医の養成

 国民が将来にわたって安心して医療を受けられる環境を構築するため、地域の医療機関や市町村等と連携しながら、将来の超高齢社会における地域包括ケアシステムに対応できるリサーチマインドを持った優れた総合診療医等を養成することを目的とします。

【平成25年度採択】

〈テーマA〉

事業名称 国際・未来医療のための人材養成拠点創生
部局名(事業推進者)
医学系研究科(金田 安史教授)

〈テーマB〉

事業名称 医学部地域に生き世界に伸びる総合診療医養成事業
~超高齢社会を切り拓くリーダー型高度医療人養成~
部局名(事業推進者) 医学部附属病院(楽木 宏実教授)

 

◇課題解決型高度医療人材養成プログラム

 「課題解決型高度医療人材養成プログラム」は、日本が抱える医療現場の諸課題等に対して、科学的根拠に基づいた医療が提供でき、健康長寿社会の実現に寄与できる優れた医師・歯科医師・看護師・薬剤師等を養成するための教育プログラムを実践・展開する大学の優れた取組を支援することを目的としています。

【平成26年度採択】

事業名称 地域チーム医療を担う薬剤師養成プログラム
部局名(事業推進者) 薬学研究科(堤 康央教授)

 

成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)

 「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成プログラム」は、情報技術を高度に活用して社会の具体的な課題を解決できる人材の育成機能を強化するため、産学協働の実践教育ネットワークを形成し、課題解決型学習(PBL)等の実践的な教育を推進し広く全国に普及させることを目的としています。

〈運営拠点〉

 大阪大学(大学院情報科学研究科)

〈中核拠点〉

【平成28年度採択】

取組名称 ビッグデータ・AI・クラウド技術を用いた課題解決人材育成
大学名 ◎大阪大学(大学院情報科学研究科)、東京大学、東京工業大学、お茶の水女子大学、電気通信大学、神戸大学、和歌山大学、九州工業大学、千葉大学、奈良先端科学技術大学院大学(計10校の共同申請)

 ◎代表校(中核拠点 )

 

多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン

 「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」は、大学間の連携による「がん医療人材養成拠点」において、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築し、がん医療の新たなニーズに対応できる、優れた「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」を養成することで、我が国におけるがん医療の一層の推進を目的としています。

【平成29年度採択】

事業名称 ゲノム世代高度がん専門医療人の養成
大学名 ◎大阪大学(医学系研究科、薬学研究科)、京都府立医科大学、奈良県立医科大学、兵庫県立大学、和歌山県立医科大学、大阪薬科大学、神戸薬科大学

 ◎代表校

このページのトップへ